分析

ロフタス=チーク:リヴァプール戦後に求められること

ルベン・ロフタス=チークはリヴァプールの攻撃陣を称えつつも、チェルシーにもポジティブな要素があったと話している。

リーグ戦3試合連続スタメン入りとなったロフタス=チーク。ブライトン、ウェストハムには勝利したものの、首位リヴァプールとの対戦では敗れている。

「失望することはない」ロフタス=チークは話す。

「試合の中でも良いプレーの場面があった。相手は2つの優れたゴールを決め、自分たちはチャンスを生かせなかったんだ。フットボールとはそういうものだよ」

「相手が攻勢に出ることはわかっていた。あのようにクリエイティブな選手たちを相手に守備的な戦い方をするのは難しかった」

「良いシーンもあったし、ハードワークをしたよ。エデンが1点を返していれば、試合は違ったものになったはずだ。相手の2ゴール目はアンラッキーだった。ただ、守備の面でもっと上手くプレーすべきシーンはあった」

サッリ:リヴァプールの強さ、リュディガーの状態

23歳のロフタス=チークはシーズン終盤の過密日程を見据える。ホームにスラヴィア・プラハを迎えた直後にはバーンリーとの対戦が待っている。トップ4への道はまだ閉ざされていないとコメントを残した。

「敗戦のあとはすぐに動き出さないとね。またすぐに試合があるんだから。フットボーラーとしては、それができないといけない。こうした試合の後にはすぐに動き出すことが必要なんだ」

「良い結果ではなかったけど、自分たちができることはこの試合から学ぶことだよ。挑み続けて、勝ち点を手にするんだ。希望を捨てたりしないよ」

チェルシーからその他