ローン

フィカヨ・トモリがダービーの年間最優秀選手に

ダービーへとローン加入中のディフェンダー、フィカヨ・トモリが、サポーターが選ぶクラブ年間最優秀選手賞を受賞した。

チェルシーアカデミーにU8時代から所属し、現在は21歳のトモリ。2015/16シーズンにはFAユース杯、UEFAユースリーグ制覇に貢献すると、プレミアリーグ最終節のレスター戦でファーストチームデビューを果たした。今シーズンはダービーで49試合に出場している。ダービーは3試合を残し、昇格プレーオフ圏内のチャンピオンシップ6位に位置している。

「自分はローンで来ているから、この賞を受賞するとは思わなかった。ただベストを尽くしただけだよ」トモリは話す。トモリはチェルシーアカデミー年間最優秀選手にも輝いた経験があった。

「ファンが自分のことを認めてくれたのが嬉しいね。シーズンの最後までベストを尽くして、プレーオフ出場、そしてプレミアリーグ昇格を達成したい」

これまでのローン経験で最も多くの試合に出場しているトモリ。ホームのファンからは「トモリをかわすことは不可能だ!」とのチャントが歌われている。

「集中したいからあまりチャントを気にしないようにしているけど、それを聞くのは嬉しいよ」

ダービーの指揮を執るのはフランク・ランパード。アシスタントにはジョディ・モリス、さらには同じくローン加入中のメイソン・マウントなどチェルシーに所縁のある面々が揃っている。

今週末にはプレーオフ出場を狙うブリストルとの対戦を控えるダービー。その後スウォンジー、ウェストブロムと対戦しチャンピオンシップのレギュラーシーズンを終える。

チェルシーからその他