ローン

あっちこっちチェルシー

イースター・マンデイは特別な一戦に。チェルシーからのローン選手が活躍し、セリエAではゴールも生まれている…

ダービーはホームで後半アディショナルタイムに2ゴールを挙げ、昇格プレーオフ出場へ一歩前進した。

フィカヨ・トモリとメイソン・マウントが所属するダービーはQPRを相手に苦戦。後半にはマウントが放ったシュートがポストに阻まれていいる。しかし93分にPKからハリー・ウィルソンがネットを揺らすと、その後にも2点目を決めて2-0と勝負あり。フランク・ランパード率いるダービーがミドルズブラを得失点差で上回り、ブリストルには勝ち点1差をつけている。

トマス・カラス、ジェイ・ダシルヴァ、ケイシー・パルマー擁するブリストルはシェフィールド・ユナイテッドに2-0で敗戦。ダシルヴァはポスト直撃のシュートを放つも、ゴールならず。結局はマイケル・ヘクター擁するウェンズデイが前半の2点を守りきることとなった。

ブリストルは土曜日、ホームでダービーと対戦する。

チャンピオンシップ制覇を狙うシェフィールド・ユナイテッドはトッド・ケイン擁するハルに3-0で勝利。イザイア・ブラウンの所属するリーズは2-0でブレントフォードに敗れている。

ウィガンはプレストンに2-0で勝利し、チャンピオンシップ残留が決定。金曜日にはアウェイでリーズを破ったウィガン。リース・ジェイムズ(トップ写真)はフル出場を果たしている。

レディングはウェストブロムとスコアレスドローに終わり、残留に王手。マット・ミアズガとルイス・ベイカーはチームのクリーンシートに貢献した。レディングは2試合を残し、降格圏の22位ロザラムと6ポイント差。得失点差でも大きく突き放している状況だ。

イングランド2部からは、既に降格の決まったイプスウィッチ・タウンでとレヴォ・チャロバーが79分間プレー。ホームでスウォンジーに1-0で敗れている。

タミー・エイブラハムは金曜日のボルトン戦で肩を痛め欠場。アストンヴィラは1-0でミルウォールを下している。これで10連勝とし、エイブラハムもプレーオフには復帰予定だ。

リーグ1、デュジョン・スターリング擁するコヴェントリーはリードを守りきれずポーツマスに2-1で敗れ、プレーオフ進出は絶望的に。トップ6から勝ち点5差、上にいるドンキャスターとピーターボロは紹介試合数でもひとつ有利な状況だ。

リーグ2の下位争いは熾烈に。ネイサン・バクスターがゴールを守るイェーヴォリは、10人のコルチェスター相手に1-1の引き分け。ノッツ・カウンティとマクレスフィールドも引き分けたことで、残り2試合で降格ラインを抜け出すには残り2ポイント。土曜日にノーザンプトン戦、最終節はホームのカーライル戦だ。

アタランタのマリオ・パサリッチは、ナポリ相手に決勝点を記録。セリエAの5位で、ACミランと勝ち点で並んでいる。シーズンは残り5試合だ。

チェルシーからその他