マッチプレビュー

マッチプレビュー:マンチェスター・ユナイテッド v チェルシー - ヒストリー

ヒストリー

チェルシーはグレン・ホドル、ルート・フリット、クラウディオ・ラニエリ、カルロ・アンチェロッティ、ラファエル・ベニテスの6人の異なる監督の元で6度オールド・トラフォードで勝利を収めている。

あと数週間経つとチェルシーが最後にオールド・トラフォードで勝利を収めてから6年になる。ディマッテオ監督がチェルシーをヨーロッパリーグの決勝の舞台へと導いたのにも関わらず、その日から9日後にディマッテオ監督に代わってベニテスが暫定監督としてチームの指揮を執った。チェルシーはヨーロッパリーグで苦しい試合を多く経験したものの、優勝を果たした。

マンチェスター・ユナイテッドとの一戦、ラミレスとオスカルによる素晴らしい働きからフアン・マタがゴールを決め、チェルシーは勝ち点をものにした。87分、ボックスの隅から放たれたマタのシュートをフィル・ジョーンズはアンドレス・リンデゴーアの守るゴールにボールが吸い込まれていくのをただ傍観することしかできなかった。 

 

マンチェスター・ユナイテッドが優勝したシーズン、ラファエル・ダ・シルヴァがダヴィド・ルイスを蹴り、退場処分を受けた。これがサー・アレックス・ファーガソンにとってチェルシーとの最後の試合であった。 

ブルーノート

1877年4月28日の土曜日、スタンフォードブリッジでロンドン・アスレティッククラブの式典が開かれ、その式には約6000人の観客が足を運んだ。その観客の中には優勝者へ賞を授けるロンドン市長の婦人の姿もあった。 

マンチェスター・ユナイテッドはチェルシーとの直近2試合で勝利を挙げており、プレミアリーグここ5試合、ホームでのチェルシー戦は黒星を喫していない。

スタンフォードブリッジで行われた試合では96分のロス・バークリーによる同点弾で2‐2と勝ち点を分け合っている。2月に行われたFA杯5回戦、チェルシーはマンチェスター・ユナイテッドに2‐0で敗れている。 

マンチェスター・ユナイテッドがプレミアリーグの舞台でチェルシーを相手に3連勝を飾ったのは1957年1月のマット・バスビー政権下まで遡る。

ユナイテッドのレジェンドであるボビー・チャールトンがスパイクを脱いだのは1973年4月28日のスタンフォードブリッジで行われた試合だった。そして、その試合のキックオフ前、チャールトンに記念のシガレットケースが贈呈された。 

それぞれの最多得点差勝利

マンチェスター・ユナイテッド 6-0 チェルシー - 1960/12/26

マンチェスター・ユナイテッド 0-4 チェルシー - 1968/08/24

チェルシーからその他