インタビュー

アスピリクエタ:力強くシーズンを終える

マンチェスター・ユナイテッド戦を終え、セサル・アスピリクエタはチェルシーの目標がトップ4フィニッシュであることは変わらないと話した。

マルコス・アロンソのゴールでマンチェスター・ユナイテッドに追いつき、ドローで試合を終えたチェルシー。アスピリクエタは次のように振り返った。

「どんな勝ち点も重要。特にシーズン終盤ではね」

「1-1という状況では失点をしたくないが、勝利が欲しかった。相手陣内に多くの選手を送り込んだからね。特典できなかったのは少しアンラッキーだった」

「目標は変わらない。残り2試合でトップ4フィニッシュを決める。2試合勝ってチャンピオンズリーグ出場権を勝ち取りたいね」

プレミアリーグトップ4争いの最中だが、チェルシーはヨーロッパリーグにも焦点を当てる。木曜日にはフランクフルトとの準決勝1st legが控えている。

ヨーロッパリーグを制覇することでもチャンピオンズリーグ出場権が得られる。アスピリクエタはシーズンを力強く終えたいと語っている。

「ヨーロッパリーグも重要なタイトルだ。9月から本当にハードワークをしてきたからね」

「優勝を狙える位置にいるし、プレミアリーグでも2試合でチャンピオンズリーグ出場権を勝ち獲る可能性がある」

「自分たちにチャンスがあるけど、まだまだやるべきことはあるよ。ただ、この2つのターゲットに向けて戦えることは示している。ドレッシングルームの雰囲気もすごく良いんだ。シーズンを力強く終えるため、ハードワークするよ」

チェルシーからその他