分析

データデイ:マンチェスター・ユナイテッド v チェルシー 

オールドトラフォードでの引き分けた一戦をデータで振り返っていこう...

17本のシュートのうち枠内に飛んだシュートは3本。アントニオ・リュディガーの放ったシュートはダヴィド・デ・ヘアが弾き、マルコス・アロンソが押し込みゴール。またゴンサロ・イグアインが後半最後にシュートを放った。

シュートのうち6本は相手にブロックされ、残りは枠を外れた。ユナイテッドは7本のうち5本のシュートが枠内に飛んだ。

イグアイン、エリック・バイリーがそれぞれ3本のシュートを放っている。

ポゼションではチェルシーは48.2%を記録。エデン・アザールとジョルジーニョが最も高い数値(5.3%)を叩き出した。

またブルーズは86%のパス成功率を誇った。一方のユナイテッドは84%。成功したのは417本中359本だ。

ジョルジーニョが最多の49本のパスを供給すると、ダヴィド・ルイスは46本を記録。マテオ・コヴァチッチはチェルシーの中で最も高い93%のパス成功率を記録した。

ウィリアン、アザール、ペドロ、エンゴロ・カンテはそれぞれ2本のキーパスを記録。

得点を決めたマルコス・アロンソは最多の83回のボールタッチ数を記録した。これより多いのはネマニャ・マティッチ(88回)のみ。

フアン・マタはプレミアリーグのチェルシーとユナイテッドに所属し、それぞれの試合で得点を決めた2人目の選手となった。また1人目は1990年代のマーク・ヒューズ。

またピッチ上の誰よりもアザールはドリブルを成功させた(6回)。コヴァチッチは4回、ポウル・ポグバ、マーカス・ラシュフォードは3回。

アロンソは3回空中戦に勝利。この数字はダヴィド・ルイス、マティッチと同じ数字だ。またアロンソはゲーム最多の6回のクリアを記録。

セサル・アスピリクエタは最多の4回のタックルを成功させた。またジョルジーニョは最多の5回のインターセプトを記録。

チェルシーからその他