マッチレポート

マッチレポート:マンチェスター・ユナイテッド 1-1 チェルシー

前半にマルコス・アロンソが同点弾を決め、チェルシーが今シーズンの対ビッグ6アウェイゲーム初ポイントを手にした。

試合はファン・マタのゴールでマンチェスター・ユナイテッドに先制を許したものの、ブルーズはアントニオ・リュディガーのシュートがダヴィド・デ・ヘアに弾かれたところをアロンソが押し込んで同点に追いついた。

後半にはお互いに負傷退場者を出す展開に。ユナイテッドはロメル・ルカクが、そしてチェルシーはゴンサロ・イグアインがチャンスを得るも、決定力を欠いた。オールド・トラフォードで勝利しトップ4フィニッシュに王手をかけるには至らなかったものの、ライバルのアーセナルはレスターに敗れたため、主導権を握るのは未だチェルシーだ。

チェルシーは2試合を残し4位。アーセナルに2ポイント差をつけ、ユナイテッドとは3ポイント差。この2チームには得失点差でも勝っている。ユナイテッドは今シーズンの対トップ6ホームゲームを勝利なしで終えることとなった。

マウリツィオ・サッリはリュディガーとアロンソをスタメン起用。怪我をしたカラム・ハドソン=オドイのポジションにはウィリアンが起用された。

ユナイテッドにはロメル・ルカク、ファン・マタ、ネマニャ・マティッチと3人の元ブルーズがスタメン入りした。先制点を決めたのはマタ。11分、ルカクのスルーパスに抜け出したルーク・ショウの折り返しをマタが右足で決めた。

Juan Mata scores Man United's goal

その後もルカクを起点にカウンターを浴びるシーンがあったものの、エリック・バイリーの突破はセサル・アスピリクエタがブロック。

Cesar Azpilicueta stays close to Paul Pogba

チェルシーは前半のうちに同点に追いつく。43分、リュディガーがゴール正面からミドルシュートを放つと、デ・ヘアがパンチングミス。これを詰めていたアロンソが逃さずに決め、試合を振り出しに戻した。

後半にはリュディガーが痛みを訴え途中交代し、アンドレアス・クリステンセンが投入されている。一方のユナイテッドもバイリーを負傷で欠くことに。

Toni Rudiger helped away

終盤にはロホのヘディングをペドロがライン上でクリアするシーンも。負傷などにより後半は7分のアディショナルタイムが追加された。試合終了間際にはイグアインが抜け出したものの、デ・ヘアとの1対1を決めることができず。

Pedro with a crucial clearance

チェルシー (4-3-3): ケパ;アスピリクエタ (c)、リュディガー(クリステンセン 65)、ダヴィド・ルイス、アロンソ;カンテ、ジョルジーニョ、コヴァチッチ(ロフタス=チーク 75);アザール、イグアイン、ウィリアン(ペドロ 84)
サブ カバジェロ、ザッパコスタ、バークリー、ジルー
得点者 アロンソ 43
警告 ウィリアン 52、コヴァチッチ 54

ユナイテッド(4-3-1-2): デ・ヘア;ヤング (c)、バイリー(ロホ 71)、リンデルフ、ショウ;エレーラ、マティッチ、ポグバ;マタ(マクトミネイ 81);ラッシュフォード(サンチェス 65)、ルカク
控え ロメロ、ペレイラ、ダルミアン、マーシャル
得点者 マタ 11
警告 エレーラ 43、ロホ 80、ヤング 89

主審 マーティン・アトキンソン
観客数 74,526人

チェルシーからその他