ニュース

フランクフルト遠征前最後の練習

水曜日午前、チェルシーはコブハムでドイツ遠征前最後の練習。木曜夜にはフランクフルトとのヨーロッパリーグ準決勝を迎える。

先月のスラヴィア・プラハ戦のメンバーからは、アントニオ・リュディガーとカラム・ハドソン=オドイがそれぞれ手術のため離脱。

リュディガーと同じくユナイテッド戦で痛めたウィリアンだが、最終セッションにはチームに合流している。1-1で引き分けたユナイテッド戦後、サッリは「ウィリアンは痛めているが、打撲だろうから復帰は問題ないだろう」とコメントしていた。

ヨーロッパリーグ得点ランキング首位を走るのはオリヴィエ・ジルーで、チームの1/3の得点を記録(10/30)。ここまで大会全試合でスタメン出場している。

UEFA大会ではおなじみのの通り、練習の頭15分はメディアに公開。チームは練習後ドイツへと飛び、マウリツィオ・サッリは選手1名とともに試合前記者会見に臨む。

チェルシーからその他