マッチプレビュー

マッチプレビュー:アイントラハト・フランクフルトv チェルシー – ナンバーズ

ヨーロッパリーグもいよいよ残るは4チーム。クラブの専門家ポウル・ダットンのプレビューを見ていこう…

数字で見るチェルシー

1966年4月からチェルシーはヨーロッパの舞台で準決勝を14度戦っている。- チャンピオンズリーグで7度、カップウィナーズカップで4度、ヨーロッパリーグで2度、インターシティーズ・フェアーズカップで1度。

現在ブルーズはヨーロッパリーグ15試合で無敗を継続。唯一勝利できなかったのはヴィディ戦のみとなっている。

ヨーロッパリーグでの最後の敗北は2012/13シーズンの準々決勝2nd legのルビン・カザン戦だ。スコアは2-3。

またチェルシーは今シーズンのヨーロッパリーグで12試合を戦い、8試合でクリーンシートを達成(4試合はアウェイ)。

現在チェルシーは今シーズン、ヨーロッパリーグで12試合無敗だがクラブのこれまでの無敗記録は2008年から2010年までに記録したUEFAの試合での14試合無敗となっている。

ヨーロッパの舞台でドイツのチームを相手にチェルシーは10試合を戦い負けたのは1試合のみ(5勝4分け)、そしてドイツで行われた直近2試合は勝利を挙げている。
 

ドイツのチームとのアウェイでの試合
1965/66 TSV1860ミュンヘン分 2-2フェアーズカップ準々決勝1st leg(2戦合計 3-2)
1999/00 ヘルタ・ベルリン負 1-2チャンピオンズリーググループステージ
2003/04 VfBシュトゥットガルト勝 1-0チャンピオンズリーグラウンド16 1st leg (2戦合計 1-0)
2004/05 バイエルン・ミュンヘン負 2-3チャンピオンズリーグ準々決勝2nd leg (agg 6-5)
2006/07 ヴェルダー・ブレーメン負 0-1チャンピオンズリーググループステージ
2007/08 シャルケ分 0-0チャンピオンズリーググループステージ
2011/12 バイヤー・レヴァークーゼン負 1-2チャンピオンズリーググループステージ
2011/12 バイエルン・ミュンヘン分 1-1 (PK戦で勝利)チャンピオンズリーグ決勝
2012/13 シャルケ勝 3-0チャンピオンズリーググループステージ
2014/15 シャルケ勝 5-0チャンピオンズリーググループステージ


 

ヨーロッパリーグ得点者

ジルー 10、ハドソン=オドイ 4、ロフタス=チーク 3、ペドロ 3、ウィリアン 3、アロンソ 2、バークリー 2、モラタ 2、オウンゴール 1

 

ヨーロッパリーグここまで

アウェイ勝ちから:0
アウェイ引き分けから:3
アウェイ負けから:6

マイルストーン

ロス・バークリー、ダヴィデ・ザッパコスタ、ジョルジーニョが次の試合でチェルシー通算50試合出場を達成。

ユナイテッド戦でケパ・アリサバラガがチェルシー通算50試合出場を達成した。

数字で見るアイントラハト・フランクフルト

創立 1899年

タイトル
1 ドイツチャンピオンシップ 1959年
5 ドイツカップ 2018年
1 UEFA杯 1980年

アイントラハト・フランクフルトがヨーロッパの舞台で準決勝を戦うのは1979/80シーズン以来となる。1979/80シーズンは結局ボルシア・メンヒェングラッドバッハと決勝を戦い、UEFA杯を制覇した。

フランクフルトのルカ・ヨヴィッチとフィリップ・コスティッチはヨーロッパリーグで合わせて12度の決定機を創出しているが、この数字は最多記録となっている。

フランクフルトは2019年に入り、公式戦20試合を戦い、負けたのは2試合のみ。そしてその2試合の敗戦は直近5試合でのものだ。

またフランクフルトはヨーロッパリーグ10試合をホームで戦っているが、8勝2分け。

フランクフルトがヨーロッパの大会に出場したのは2013/14シーズンで、この時はヨーロッパリーグのラウンド32に進出している。

この大会が始まる前までに、フランクフルトはイングランドのクラブにホームで1敗しかしていない。
 

ヨーロッパでの対イングランドチームへの成績
1966/67バーンリー分 1-1フェアーズカップ準々決勝 1st leg (2戦合計 3-1)
1967/68ノッティンガム・フォレスト負 0-1フェアーズカップ1回戦 1st leg (2戦合計 0-5)
1972/73リヴァプール分 0-0UEFA杯1回戦2nd leg (2戦合計 0-2)
1975/76ウェスト・ハム勝 2-1カップウィナーズカップ準決勝1st leg (2戦合計 3-4)
1981/82トッテナム勝 2-1カップウィナーズカップ準々決勝2nd leg (agg 2-3)
2006/07ニューカッスル分 0-0UEFA杯グループステージ


 


 


 


 

ヨーロッパリーグ得点者

ヨヴィッチ 8、ハラー 5 (1 PK)、コスティッチ 4、ダ・コスタ 2、ガチノヴィッチ 2、ヒンターエッガー 1、パシエンシア 1、レビッチ 1、ローデ 1、トロ 1、オウンゴール 2

 

監督 アドルフ・ヒュッター
在任期間:305
試合数:45
勝:24
引き分け:11
負け:10

ヨーロッパリーグここまで

ホーム勝ちから:0
ホーム引き分けから:1
ホーム負けから:12



 

その他

アイントラハト・フランクフルトのアンテ・レビッチが出場停止。

累積警告は準々決勝で一旦リセット。準決勝へはもちこされない。

 

 

 

チェルシーからその他