ニュース

2019/20新ホームユニフォームのテーマはスタンフォードブリッジ

チェルシーフットボールクラブとナイキは、2019/20シーズンの新ホームユニフォームを発表。今回のテーマはスタンフォードブリッジだ。

スタンフォードブリッジを本拠地に生まれた1905年以降、クラブの歴史が刻み込まれ続けてきたように、綿密に織り込まれた仕様となっている。

チェルシーらしさの蒼をベースに、我らがホームスタジアムの模様が織り込まれる。

2019/20シーズンのユニフォームはこちら

スタリッシュなVネック仕様、背中側の襟には赤白で彩られた’CFC’のモノグラム。

パンツも青で統一され、白のソックスのふくらはぎ部分には赤が映えるデザイン。

そしてユニフォームの内側にはクラブのロゴ同様ライオンの模様が’PRIDE OF LONDON’の文字に囲まれている。

2019/20シーズンのユニフォームに袖を通したエデン・アザールは「ホームを感じる。ファンの前に立つたび、これで良いんだって感じるんだよ。スタンフォードブリッジにはたくさんの思い出がある。象徴的なこのスタジアムを、ユニフォームを通して感じられるのはいいことだね」とコメント。

新ホームユニフォームはオンライン、またスタンフォードブリッジ併設メガストアで発売中。早速今週末のプレミアリーグ、ワトフォード戦で着用予定だ。

メンズ

ウィメンズ

キッズ

チェルシーからその他