分析

試合中の変化、決勝への思いを語る選手たち

1-1に終わったヨーロッパリーグ準決勝1stレグでキャプテンを務めたセサル・アスピリクエタが、展開が変わった序盤と終盤について言及した。

ルカ・ヨヴィッチに先制点を許したチェルシーだったが、ペドロのゴールで追いついたチェルシー。2mdレグは来週、スタンフォードブリッジで行われる。展開を変えたのは、ジョルジーニョの動きだったようだ。

「ジョルジーニョはこのフットボールに大切な存在だ」と話すアスピリクエタ。「試合を支配するために、ボールを取ったらすぐに前へ動かすんだ。ジョルジーニョが余裕を持てれば、ルベンやエンゴロも同様だ。そうすればチャンスも増える」

中盤を構成したルベン・ロフタス=チークも同じ意見のようだ。

「ジョルジーニョは後半になって良くなった」と話すロフタス=チーク。「試合を動かせるようになって、自分やエンゴロも前を向く余裕ができた。後半にジョルジーニョがボールを持てるようになって、より良い展開になった」

「後半はポゼッションも上げて、試合を支配できた。フランクフルトのカウンターも脅威だったけど、後半は効果的にボールを持つことができたね」

「1-0になったのは課題の部分だ」と振り返るアスピリクエタ。「でも前半最後の15分はこっちのペースに持っていけたし、ゴールも決まった。後半は相手よりも優位だったはずだ」

「立ち上がりは良くなかった。プレスに対応し切れなかったね。結果として失点してしまった。でも前半のうちに追いついて、後半には勝つ意思を見せることがきた」

「アウェイゴールを手にできたのは大きいけど、勝負はスタンフォードブリッジの結果次第だ」

「フランクフルトは危険なチームだよ。インテンシティも高い。でも決勝まであと一歩。9月からコツコツ積み上げてきた結果だ。ファンをバクーへ連れて行きたいね」

記事:試合を振り返るサッリ

チェルシーからその他