ニュース

ジョン・テリーとフランク・ランパードがプレーオフ進出

チェルシーのレジェンド、フランク・ランパードとジョン・テリーが所属するダービー・カウンティとアストンヴィラがそれぞれチャンピオンシッププレーオフに進出。プレミアリーグ昇格を目指す。

ダービーにはチェルシーからフィカヨ・トモリ、メイソン・マウントがローン移籍中。フランク・ランパード監督のもと、トモリは年間最優秀選手賞を受賞するなど好調ぶりを披露した。

そんなダービーは最終節で、すでにプレーオフ進出を決めているWBAと対戦。ミドルズブラ、ブリストルと最後の1枠を争う中で、勝利が絶対必要だった。

チェルシーからトマス・カラス、ジェイ・ダシルヴァ、ケイシー・パルマーと3名のローン選手を抱えるブリストルは、ハル相手に先制を許すも同点。しかしプレーオフ圏内に十分な勝ち点を積み上げられなかった。

一方のボロは、すでに降格が決まっているロザラム・ユナイテッド相手に2-1の勝利。元ブルーズのジョン・ミケル・オビが決勝点を記録している。

ダービーは開始20分で先制点を奪うなど立ち上がりから勢いを見せる。しかし同点に追いつかれ前半終了とし、この時点ではプレーオフ圏内にミドルズブラが入っていた。

しかしここからダービーが意地を見せる。まずは70分に勝ち越し点を決めると、その3分後にも追加点を記録し3-1の勝利を確実なものにした。

これでダービーはプレーオフ進出、イジー・ブラウン擁するリーズ・ユナイテッドと準決勝と戦う。1stレグはプライド・パークで、5月11日に行われる。2ndレグはその4日後だ。

準決勝もう一方のカードは、テリーがアシスタントコーチを務め、チーム得点王がタミー・エイブラハムのアストンヴィラが、まずはヴィラパークにWBAを迎え撃つ。

お互い勝ち抜ければ、5月27日の決勝にて、ウェンブリーでランパードとテリーが合間見える展開に。チェルシー時代にはともにトロフィーを掲げた思い出の地だ。

チェルシーからその他