分析

データデイ:チェルシー v ワトフォード

昨日のワトフォード戦、見事な後半の裏側にはチェルシーがあるエリアを制圧していたことがデータから読み取れた...

チェルシーは合計19本のシュートを放ったが、そのうちの14本は後半に放たれ、16本はエリア内から放たれた。

ペドロはゲーム最多の4本のシュート、ゴンサロ・イグアイン、彼に代わって入ったオリヴィエ・ジルー、エデン・アザールがそれぞれ3本を放っている。

チェルシーは2ゴールをヘディングで奪った。

ワトフォードのシュートは15本、そのうち枠をとらえたのは3本で他の5本はエリア外から放たれたものだ。

チェルシーは25本のタックルを成功(ワトフォードは14本)、またこの数字のうち17本は後半のものであった。

ペドロ、ロフタス=チークはそれぞれ5本のタックルを成功させた。セサル・アスピリクエタは試みた3本のタックルを全て成功。

アスピリクエタはまた8本のクリアを記録しており、この数字はゲーム最多だ。ロフタス=チークはゲーム最多の4回のインターセプトを記録。

試合を通してチェルシーは53%の空中戦での勝率を記録。しかし前半ではワトフォードの方が高い勝率を誇っていた。 トロイ・ディーニーが他の選手に2倍以上となる10回空中戦で勝利。マルコス・アロンソ、セサル・アスピリクエタが4回を記録。

チェルシーは58.5%のポゼッションを記録。ジョルジーニョが最多の7.6%のボールポゼッションを記録した。

またジョルジーニョは88タッチを記録、そしてゲーム最多の60本をパスを成功させた。この数字はコヴァチッチも記録している。

ロフタス=チークは93%のパス成功率を誇り、この数字はチェルシーの選手の中で最高の数字となっている。彼がミスしたのは59本のパスのうち4本のみ。

チーム全体で見るとパスの成功率は85%、540本パスのうち457本を成功させた。

アザールは2本のアシストを含む6本のキーパスを記録。ジョルジーニョは3だ。

アザールは6回ドリブルを成功。続いてロフタス=チークが5回成功させた。

チェルシーからその他