マッチプレビュー

マッチプレビュー:チェルシー v フランクフルト - ナンバーズ

ヨーロッパリーグ決勝進出をかけた一戦をポウル・ダットンがプレビューしてくれた…

数字で見るチェルシー

チェルシーはイングランド勢として初めてヨーロッパの舞台で単一シーズンに11勝を挙げている。

1966年4月以降、チェルシーはヨーロッパの舞台で14度準決勝に進出 - チャンピオンズリーグで7回、カップウィナーズ杯で4回、ヨーロッパリーグで2回、そしてインターシティフェアーズ杯で1回だ。

ロマン・アブラモヴィッチのオーナー就任以降、チェルシーがヨーロッパの舞台で準決勝に進出したのは9回。同期間で9回準決勝へとたどり着いたのはバルセロナだけだ。

バルセロナ(A)チャンピオンズリーグ 11/12

ブルーズはヨーロッパリーグ16戦無敗。引き分けに終わったのはヴィディ戦とフランクフルト戦のみ。最後に敗れたのは2012/13シーズンの準々決勝2nd leg、2-3と敗れたルビン・カザン戦だ。

スタンフォードブリッジではヨーロッパリーグ9連勝中。この期間の合計スコアは27-7だ。

ヨーロッパの舞台では13戦無敗。2008年から2010年に記録した14戦無敗へと迫っている。

フランクフルト戦1st legでネットを揺らしたペドロ
ドイツ勢相手のホームゲーム戦績
1965/66 TSV1860ミュンヘン勝 1-0フェアーズ杯準々決勝2nd leg(2戦合計3-2)
1999/00 ヘルタ・ベルリン勝 2-0チャンピオンズリーググループステージ
2003/04 シュトゥットガルト分 0-0チャンピオンズリーグラウンド16 2nd leg(2戦合計1-0)
2004/05 バイエルン・ミュンヘン勝 4-2チャンピオンズリーグ準々決勝 1st leg(2戦合計6-5)
2006/07 ブレーメン勝 2-0チャンピオンズリーググループステージ
2007/08 シャルケ勝 2-0チャンピオンズリーググループステージ
2011/12 レヴァークーゼン勝 2-0チャンピオンズリーググループステージ
2013/14 シャルケ勝 3-0チャンピオンズリーググループステージ
2014/15 シャルケ分 1-1チャンピオンズリーググループステージ


 

Europa League results
9/20PAOK (a)勝 1-0
10/4ヴィディ (h)勝 1-0
10/25BATE (h)勝 3-1
11/8BATE (a)勝 1-0
11/29PAOK (h)勝 4-0
12/13ヴィディ (a)分 2-2
2/14マルメ (a) ラウンド32勝 2-1
2/21マルメ (h) ラウンド32勝 3-0
3/7ディナモ・キエフ (h) ラウンド16勝 3-0
3/14ディナモ・キエフ (a) ラウンド16勝 5-0
4/11スラヴィア・プラハ (a) 準々決勝勝 1-0
4/18スラヴィア・プラハ (h) 準々決勝勝 4-3
5/2フランクフルト (a) 準決勝分 1-1

ヨーロッパリーグ得点者

ジルー 10、ハドソン=オドイ 4、ペドロ4、ロフタス=チーク 3、ウィリアン 3、アロンソ 2、バークリー 2、モラタ 2、オウンゴール 1

 

ヨーロッパでのここまで

ホーム勝ちから:0
ホーム引分から:6
ホーム負けから:10

マイルストーン

エデン・アザールは次の試合でクラブ史上23人目となるチェルシー350試合出場を達成。

ロス・バークリーとダヴィデ・ザッパコスタは次の試合でチェルシー50試合出場を達成。

オリヴィエ・ジルーはヨーロッパの舞台でシーズン10ゴールを達成した初めてのチェルシーの選手だ。



ジルーのハットトリックでチェルシーが準々決勝進出

数字で見るフランクフルト

創立 1899年

主要タイトル
1 ドイツチャンピオンシップ 1959年
5 ドイツカップ 2018年
1 UEFA杯 1980年
    
アイントラハト・フランクフルトがヨーロッパの舞台で準決勝を戦うのは1979/80シーズン以来となる。1979/80シーズンは結局ボルシア・メンヒェングラッドバッハと決勝を戦い、UEFA杯を制覇した。

フランクフルトがヨーロッパの舞台においてイングランドでプレーするのは37年ぶり。

日曜日、レヴァークーゼンに6-1で敗れたフランクフルト - シーズン最大の敗戦であり、ブンデスリーガにおいて前半で6失点したのも初めてのこと - リーグ戦では得失点差により4位につけている。

今シーズンのヨーロッパリーグ、ルカ・ヨヴィッチとフィリップ・コスティッチはお互いに合計13のチャンスを作りだしており、このコンビは脅威だ。

フランクフルトのルカ・ヨヴィッチ

ヨヴィッチはシーズン26ゴールを挙げており、フランクフルトのトップスコアラーだ。

過去12シーズンにおいてフランクフルトがヨーロッパの舞台でプレーしたのは2013/14シーズンのみ。最後はラウンド32でポルトに敗れている。

ヨーロッパにおける対イングランド勢アウェイゲーム
1966/67バーンリー勝 2-1フェアーズ杯準々決勝 2nd leg(2戦合計3-2)
1967/68ノッティンガム・フォレスト負 0-4フェアーズ杯1回戦2nd leg(2戦合計0-5)
1972/73リヴァプール負 0-2UEFA杯1回戦1st leg(2戦合計0-2)
1975/76ウェストハム負 1-3カップウィナーズ杯準決勝 2nd leg(2戦合計3-4)
1981/82トッテナム負 0-2カップウィナーズ杯準々決勝 1st leg(2戦合計2-3)


 


 


 


 

ヨーロッパリーグノックアウトステージ戦績
2/14シャフタール (a) ラウンド32分 2-2
2/21シャフタール (h) ラウンド32勝 4-1
3/7インテル (h) ラウンド16分 0-0
3/14インテル (a) ラウンド16勝 1-0
4/11ベンフィカ (a) 準々決勝負 2-4
4/18ベンフィカ (h) 準々決勝勝 2-0
5/2チェルシー (h) 準決勝分 1-1

ヨーロッパリーグ得点者

ヨヴィッチ 9、ハラー 5 (1 PK)、コスティッチ 4、ダ・コスタ 2、ガチノヴィッチ 2、ヒンターエッガー 1、パシエンシア 1、レビッチ 1、ローデ 1、トロ 1、オウンゴール 2

セバスティアン・ハラーは2nd legでの出場が予想される

監督 アドルフ・ヒュッター

在任期間:312日
試合数:47
勝利:24
引分:12
負け:11

ヨーロッパでのここまで

アウェイ勝ちから:1
アウェイ引分から:2
アウェイ負けから:0


 

その他

出場停止はなし

累積警告は準々決勝で一旦リセット。準決勝へはもちこされない。2nd legで退場した場合は決勝戦が出場停止となる。

 

 

 

チェルシーからその他