ニュース

ギャリー・ケイヒルが惜別のコメント

フランクフルト戦の後、今シーズン限りで退団するキャプテンのギャリー・ケイヒルがコメントを残した。

ブルーズのキャリアを振り返り、ケイヒルはチェルシーのファンに感謝のコメント…

このクラブとファンにお別れの言葉を言う機会をもらえて本当に嬉しいよ。本当にありがとう。

最後の試合はとても楽しかったよ。家族も来てくれて特別な夜だった。そして結果も最高だ。

自分がウォーミングアップしているとき、ファンのみんながチャントを歌ってくれて最高の気分だった。ここで長年過ごしたけれど、たくさんの素晴らしい時間を過ごし、たくさんの素敵な記憶も残っている。決して忘れられないクラブだよ。ここで成し遂げたこと、ここで出来た仲間、これは自分のフットボール人生の中でも最高の思い出になるだろう。 
 

自分がサインしたときの事を振り返ると、こんなビッグクラブでプレーできると思って興奮したのを覚えているよ。今そこに戻ったら、「なんでチャンピオンズリーグでそんなに緊張しなかったの」と聞きたいね。あのときは単純に楽しんでいたんだ。

このチームにいられたのは本当に誇りだ。2012年来て最初の6ヶ月でチャンピオンズリーグを優勝したんだ。この大会にずっと出場したかった。本当に特別になものだったよ。勝利するのが本当に難しかった。しっかりと記憶に刻まれているよ。

リーグを優勝した時も感慨深かったね。何年もプレミアリーグでプレーしてきたけど、いい結果を得るのは常に難しい事だった。チェルシーに来る前もプレミアリーグでプレーしていたけれど優勝は本当に特別なものだね。

2014/15シーズンと2016/17シーズンに優勝を果たしたけど簡単なものではなかった。この経験は自分にとって本当に大きなものだ。2017年ジョン・テリーとともにトロフィーを掲げたのはいい思い出だよ。
 

一度タイトルを獲得すると、もっと欲しくなるものだ。ここで勝者のメンタリティを得る事が出来た。

ここでの生活は本当に激動のものだったよ。でも悪いものというより良いものだった。これは確かだよ。本当にこのクラブにはチャンスを与えてくれて感謝している。ここでの生活は本当に楽しかったよ。

全てのサポートに感謝だ。決して忘れないよ。

 

チェアマンのブルース・バックはケイヒルにコメントを残した。コメントはこちら:

ギャリー・ケイヒルは7年以上もチェルシーで活躍してくれた。ギャリーはここでたくさんのタイトルを獲得した。スタンフォードブリッジに帰ってくればいつも歓迎を受けるだろう。これからの彼の幸運を祈るよ。

 

セサル・アスピリクエタもケイヒルについてチェルシーの式典でコメント

「彼はチームにとって重要な選手だったよ。彼は7つのタイトルを獲得した。5月29日のバクーでの決勝でもタイトルを獲得してその数を8にしたいね!」

「ギャリーからは素敵な言葉をもらったよ。本当にプロフェッショナルだし、ドレッシングルームでも良い人だった。これからの幸運を祈るよ」

チェルシーからその他