ニュース

ダヴィド・ルイスがアメリカ遠征の意味、プリシッチの合流に言及

ボストンでの一戦を振り返ったダヴィド・ルイス。来シーズンのチェルシー加入が決まっているクリスティアン・プリシッチにも期待を寄せている。

ジレット・スタジアムで行われたニューイングランド・レヴォリューション戦に勝利したチェルシー。この試合は反ユダヤ主義撲滅キャンペーンの一環として実施された。

火曜日には地元の子どもたちの元を訪れたダヴィド・ルイスがこのアメリカ遠征を振り返っている。

「すべての人々が同じなんだというメッセージを送るためにこの場所へやってきた」

「肌の色や社会的地位なんて関係ない。皆がお互いをリスペクトすべきなんだ」

「違った国へ行って、故郷と同じような愛情を感じられるのは嬉しいね。皆に感謝を伝えたいよ。自分たちはフットボールをするためではなく、人々に、特に新たな世代にメッセージを送るためにここへ来た。皆、同じ人間なんだとね」

コブハムには新たにアメリカ出身選手がやってくる。ヨーロッパリーグを控えたブルーズにはクリスティアン・プリシッチが合流予定だ。

「クリスティアンは多くの才能を持っている」ダヴィド・ルイスは20歳のプリシッチに言及する。

「チェルシーのために、クリスティアンには早く成長してほしいと思うよ。素晴らしい選手だし、チェルシーで大きな未来を持っているんだ」

チェルシーからその他