分析

オリヴィエ・ジルーがアメリカでの一戦、ヨーロッパリーグ決勝についてコメント

ゴールを決めたオリヴィエ・ジルーがニューイングランドで行われた試合で、アメリカのファンの前で試合できたことに感謝の気持ちを示した。

ロス・バークリーの2ゴールの間にジルーはヘディングでゴール。ブルーズはニューイングランド・レヴォリューション相手に3-0の勝利を収めた。またジルーはファンに試合のこと以上のことを気にかけて欲しいとコメント。

「ここに来れて本当の嬉しいよ。そしてたくさんの歓迎を受けた。それでも一番大事なのはこのプロジェクトを促進することだ」とコメントしたジルー。

「このことをこれまで以上に話題に上げる必要があるね。人種差別や反ユダヤ主義はもう必要ないんだ」

「勝利するのはいつでも嬉しいけど、最重要なのは第二次世界大戦で起こったことは忘れないことだ。若い世代の人々が決して忘れないように伝えていく義務がある。これは二度と起こしてはいけないことだよ」

「このプロジェクトに参加できて感謝している。大西洋を飛び越えてアメリカに来た。クラブとしてこのプロジェクトをしたのは意義のあることだ」
 

またプレミアリーグ最終節からジルーの古巣であるアーセナルとのヨーロッパリーグ決勝までの間に17日間あり、その間にこの試合を行うことには十分な日数があったとし、これからはアゼルバイジャンでの大一番に向け集中するとコメント。

「今は少し休息が必要だね」と加えたジルー。「3日間休んで、しっかりとこの決勝のために準備したい。なんせアーセナルとの一戦にはタイトルがかかっているからね。トロフィーをブリッジに持ち帰るよ」

記事:ニューイングランド・レヴォリューション v チェルシー
 

チェルシーからその他