ニュース

グリーン:「成長したケパ」

チェルシーの第3GKであるロブ・グリーンがケパ・アリサバラガの成長ぶりを語った。

経験豊富なグリーンは20年前にプロデビューを飾り、ノリッチ時代にはイプスウィッチとのダービーでクリーンシートを保ち続けた。イングランド代表では2010年のW杯を含め12試合で出場経験がある。

ケパとウィリー・カバジェロのバックアップとして昨夏チェルシーに加入したグリーンは、ケパの成長ぶりを次のように話している。

「プレミアでの最初のシーズンはケパにとって素晴らしいものになった。彼はもっと成長するはずだ」ケパより15歳年上のグリーンが話す。

「若い選手だ。シーズン50試合以上でプレーし、代表戦にも出場している。ヨーロッパ中を周っている選手だね」

「試合でのインテンシティや活躍には目を見張るものがある。シーズンを通してパフォーマンスを維持してきた。才能がある選手だよ。ただ、彼がまだ若い男であるということは忘れてはいけないね」

2018/19シーズンの63試合目となるヨーロッパリーグ決勝戦。グリーンはこの大会の締めくくり方が重要になると話している。

「ヨーロッパリーグはスケジュールのタイトな大会だ。ギリシャやウクライナといった遠く離れた地で試合をして、帰ってくるのは金曜日。そして48時間後には試合があるという日程だからね」

「シーズンを通して高い基準を維持し続けた選手たちやクラブに関わる全ての人々に賞賛が贈られるべきだね」

チェルシーからその他