インタビュー

契約延長したオリヴィエ・ジルーの特別インタビュー

契約延長にサインしたばかりのオリヴィエ・ジルーが、残留の決め手や、来週に迫ったヨーロッパリーグ決勝について語った。

ジルーとは2019/20シーズンいっぱいまでの契約延長で合意。昨シーズンはFA杯優勝、そして今月にはヨーロッパリーグ決勝を控えるなどここまでの18ヶ月は充実している。

そんなジルーを迎え、今回はチェルシーでのプレー環境などについて聞いてみた…


まずは契約延長おめでとう。残留の決め手は?

チェルシーで快適なんだ。家族も、自分もね。チームの雰囲気もいいし、ピッチ内外でお互いの空気感もつかんでいる。このままがいいと思ったし、クラブからの信頼も感じた。自分の功績が認められたってことだよね。だからこそもっと何かしないと、と思うんだ。信頼に応えないとね。

チェルシーに慣れるのは早かった?

簡単だったよ。物理的に大きな動きはなかったけど、それでも子供達はいたしね。でもロンドンでの生活に満足しているし、自分もプレミアリーグでプレーし続けるチャンスをもらえた。自分にとっては前進だよ。この10年、チェルシーがヨーロッパで残した結果はあまりにも大きい。そんな場所に来られたんだからね。もっとトロフィーを手にしたいし、まずは来週からだね!


そのヨーロッパリーグ決勝、アーセナルとの一戦がもうすぐだね…

欧州大会の決勝は、自分にとってクラブキャリアで初めてのことなんだ。しっかし準備して臨みたい。古巣とのダービーマッチなだけに、特別だよ。でもそれはまた別の話だ。かつてのチームメイトとの対戦は、やっぱり違うよね。でも100%試合に集中して、ファンのため、クラブのため、そして自分のためにもトロフィーを掲げたい。今シーズンのチェルシーはタイトルにふさわしいはずだ。待ちきれないよ。


欧州大会で1シーズン10ゴールを記録したのはチェルシーの選手として初めてのことだけど、得点ランキング単独トップになるチャンスもまだ残っているね…

プレミアリーグで出場機会が限られていても、常に集中してスタメンに選ばれたチャンスで結果を残さないとならない。今シーズンがまさにそうだし、チームのために何ができるかを考えて、ヨーロッパリーグで結果を残せた。誇らしいよ。得点王で優勝できたら最高だね。大きな意味があるよ。


チェルシーでのポジション争いはどう?

楽しんでいるよ。ポジティブなことだからね。ストライカー間の健全な競争は、チームにとって大切なことだ。成長のチャンスだよ。ぬるま湯につからず、全力を出しきるんだ。絶対に必要なことだね。

競争は必要さ。もちろん好調でゴールを決め続けるうちはポジションも守れるだろうが、その逆だってありえるし、当然のこと。来シーズンもそうありたいね。

渡英から7年、イングランドは何か変わったかな?

イングランドのクラブはより質も上がって、チーム全体が底上げされたから、どんな大会でもローテーションしながら戦えるようになったと思う。欧州大会でも結果を残しているしね。2つの決勝で4クラブがイングランドなんだよ。史上初だし、イングランドのクラブがどれだけのレベルかを物語っていると思う。これからもそうあってほしいね。

チェルシーからその他