インターナショナル

クリスティアン・プリシッチとマット・ミアズガがアメリカの予備登録メンバーに選出

アメリカ代表は今夏に行われるゴールドカップ連覇に向け予備登録メンバーを発表。その中にチェルシー所属のクリスティアン・プリシッチマット・ミアズガが入った。

CONCACAFは全16カ国の40人の呼び登録メンバーを発表。その中にプリシッチとミアズガの名前も。

バーホルターは今週末にゴールドカップ前のトレーニングに参加するメンバーを発表する。また大会に参加する23人のメンバーはCONCACAFによって6月の第1週に発表される。

この大会はアメリカのジャマイカとコスタリカで行われ、6月15日に開幕する。決勝は7月7日シカゴのソルジャー・フィールドで開催される。

ミアズガは2018/19シーズンの後半にレディングへとローン移籍。チームのチャンピオンシップ残留に貢献した。彼はチェルシーに加入した2016年、アウェイでのアストンヴィラ戦でデビューを飾った。またミアズガはアメリカ代表として12試合に出場し、2年前のゴールドカップのニカラグア戦で唯一のゴールを奪っている。

プリシッチは1月にチェルシーと契約。その後ボルシア・ドルトムントにシーズン終了までローン移籍。彼はアメリカ代表として25試合に出場し10ゴール。昨年は20歳63日という若さでキャプテンにも選出されている。

ゴールドカップは2年ごとに開催され、北アメリカ、中央アメリカ、カリブ諸島の国々で争われる。アメリカ代表は直近3大会で2度優勝。1991年に大会が再編成されてからメキシコはトップとなる通算7度の優勝を果たした。一方のアメリカは6度の優勝を果たしている。

プリシッチのコメントは近日中に公式サイトに掲載予定...

チェルシーからその他