インタビュー

カバジェロが自身の役割、成長、ケパについてコメント

ウィリー・カバジェロは契約を更新し、チェルシーにもう1年在籍することとなった。経験豊富なカバジェロがチェルシーでの自身の役割、コブハム、ケパ・アリサバラガについてコメントした。

カバジェロはスタンフォードブリッジで2年間を過ごしているが、ここまで出場した試合は22試合。また昨年のW杯の代表にも選出された。

水曜日には37歳のカバジェロが契約延長にサイン。彼の経験、成長、適応についてのコメントを見ていこう…
 

チームでの役割はどんな感じ?

第二GKとしてケパとともにトレーニングでいい雰囲気を作ることだ。彼は毎試合出場するからね。ケパが最大限の力を発揮することができるように務めているよ。後は何があってもいいように自分の準備も怠らないよ。試合に出場したいからね。ベンチにいるのは好きじゃない。チェルシーというチームは素晴らしいチームだ。でもみんなが知っている通りプレミアリーグというのはレベルが高いんだ。毎週いい試合が展開されている。

また自分は経験がある方だからドレッシングルームでもするべきことはあるんだ。シーズンは長いから雰囲気が悪い時なんかはみんなが次の試合に集中できるように手助けするんだ。後は若い選手を助けたりなんかもするよ。これをやっているのは自分だけじゃないよ。経験がある選手はみんなやっている。カラム・ハドソン=オドイ、イーサン・アンパドゥなんかはよく手助けしているね。

この2年間でGKとして成長した?

確実にね。GKコーチのヒラリオとよく話すんだけど、昨シーズンは彼とともに大きく成長した。ハードワークの結果だから嬉しいよ。試合にコンスタントに出場できていれば成長を実感できるけど、毎日トレーニングでやっていてもフィードバックをもらえる。そうすると自信も出て来るんだ。常に出場の準備はできているよ。

他のGKの選手やコーチと練習するのは楽しい?

トレーニング中はお互いに助け合っているんだ。GKとしてプレーしている時もしていない時も学んでいる。ともにトレーニングするときは楽しんでいるよ。

イングランドでの最初の2年間は難しかったね

photo of ウィリー・カバジェロ ウィリー・カバジェロ

ケパの活躍の裏側には君の手助けもあると思うんだ...

そうだね。それもあるかもしれない。ケパは見事な活躍を見せた。トレーニングでもシーズンを通してよかったんだ。

ケパの適応能力はすごいよ。単に試合に出場しているだけでなく、出場して見事なセーブを見せる。このクラブ自体にもしっかりと適応できている。英語も完璧だし完全に順応したね。

スペイン語を話す選手といった他の選手との関係も聞かせて...

スペイン語を話す選手はたくさんいるんだ!ブラジル出身の選手ですらスペイン語を話すよ。とても楽しいね。

イングランドに来てから最初の2年間は苦労したよ。でもチェルシーに来てからより自分に自信が持てるようになった。毎日楽しみを持ってプレーできているからだと思う。

チェルシーからその他