ニュース

ウィリー・カバジェロと2019/20シーズンまで契約延長

ウィリー・カバジェロが2019/20シーズンいっぱいまでの契約延長でチェルシーと合意に至った。

ベテランGKのカバジェロは、心強いバックアップとしてここまでの2シーズンを過ごしている。

2017年の夏にマンチェスター・シティから加入し、1年目は13試合に出場。FA杯では6試合でプレーし、優勝に貢献した。3回戦のノリッチ戦ではPK戦でネルソン・オリヴェイラのPKをストップ、サウサンプトンとの準決勝でもクリーンシートを記録している。

今シーズンは9試合に出場し、5試合連続となるクリーンシートを記録。プレミアリーグでのトッテナム戦や、最近ではリーグ最終節のレスター戦でも出場した。

今回の契約延長に際しカバジェロは「チェルシーとの契約延長を嬉しく思う。来シーズンも楽しみたいね。目標も大きい。チェルシーのようなビッグクラブに残るのに、迷う必要はなかったよ」とコメント。

またチェルシーのディレクター、マリナ・グラノフスカイアは「ウィリーは真のプロフェッショナルとして、この2年間チームを支えてくれた。頼もしいバックアップとして、素晴らしいパフォーマンスを披露してくれたわ。昨シーズンのFA杯や、今シーズンのヨーロッパリーグもそうね」とコメント。

さらに「トレーニングでも積極的で、日々プロの手本として行動している。正ゴールキーパーの大きな助けになっているわ。2019/20シーズンも残ってくれて嬉しいわね」と続けた。

チェルシーからその他