ニュース

ファンが選ぶ年間最優秀選手賞をアザールが獲得

2018/19シーズン、エデン・アザールが新たな個人賞を獲得した。

エデン・アザールはファンからの投票を集め、ファンが選ぶ年間最優秀選手賞を獲得。

アザールは合計34%の得票率となり、シティのベルナルド・シルヴァ、ラヒーム・スタリーング、リヴァプールのフィルジル・ファン・ダイク、サディオ・マネを抑えた。

アザールは今季16ゴール、15アシストを記録。計31ゴールに絡んだがこの数字はプレミアリーグで最多の数字となっている。このアザールの活躍がファンの目を引いた。

彼はすでに今季プレミアリーグのアシスト王を獲得。またチェルシーでも年間最優秀選手賞、選手が選ぶ年間最優秀選手賞、年間最優秀ゴール賞を獲得しており、ブルーズの選手として初めて3つの個人賞を受賞。
 

PFAファンが選ぶ年間最優秀選手賞は今回アザールが受賞したが、PFA年間最優秀選手賞はファンと専門家の投票によって受賞者が決まる。その賞は今季フィルジル・ファン・ダイクが獲得している。

過去にチェルシー所属の選手がこの賞を獲得したのは2005年にまで遡り、フランク・ランパードが得票率トップで獲得した。またランパードはこの年FWA年間最優秀選手賞も獲得している。
 

チェルシーからその他