ニュース

3度目の欧州制覇を祝うダヴィド・ルイス

チェルシーの一員としてヨーロッパリーグのタイトルを獲得したダヴィド・ルイスがかつて欧州大会を制覇したシーズンについてコメントした。 

今シーズンのヨーロッパリーグを制覇したことで2012年とその翌年の2013年に続くチェルシーで3度目の欧州制覇となったダヴィド・ルイス。

「とても素晴らしい一年になった。今シーズンは波があるシーズンだったけど、多くのことを改善できたと思うよ」とダヴィド・ルイスはコメントした。「自分たちは沢山のことを学び、チャンピオンズリーグ出場権を手に入れた。そして今日はタイトルを獲得したんだ。これで自分がチェルシーで制覇した欧州大会は3つ目になるよね」

ダヴィド・ルイスはチェルシーの監督就任後、初めてタイトルを獲得したマウリツィオ・サッリに称賛を送った。

「サッリは勝利を信じていたんだ。彼は人としてもコーチとしても素晴らしい男だね。タイトル獲得するのに値する監督だ」と話したダヴィド・ルイス。

「このクラブで指揮を執っている監督はアメイジングだと思うね。毎日彼に関すること噂がでていて、それに対して人々は話しているけど、今はタイトルのことについて話し合う時間だなんだ」

「素晴らしいチームを相手に勝利を挙げることができた。今シーズンのヨーロッパリーグでファンタスティックなプレーを見せていたアーセナルは手強かったね。チェルシーは優勝に値した。でも自分は彼らを祝福するよ」

チェルシーからその他