分析

信頼の重要性を語るゾラ

アシスタントコーチを務めるジャンフランコ・ゾラは信頼感とチームの戦術が優勝につながったとコメント。

多くの困難を乗り越えた2018/19シーズンは、チェルシーはプレミアリーグで3位、ヨーロッパリーグの決勝ではアーセナルを4-1で下し優勝を果たした。

ゾラはシーズンを通して波があったものの、アゼルバイジャンでの勝利後まず選手たちを称賛した。

「これはフットボールだ。いい時もあれば悪い時もある」とコメント。「常に大事なことは自分のやっていることに自信を持つこと、ベストを尽くすことなんだ。チームはこれをしっかりと成し遂げた」

「幸運にも選手たちはコーチ陣のやっていることを信頼してくれた。だからこそ多くの困難を乗り越えることができた。ヨーロッパリーグ制覇に値するチームだよ」

バクーでのアーセナル戦を振り返り、ジャンフランコ・ゾラは序盤は耐えたとコメント。

「最初の15分間は相手が良かった」と加えたゾラ。「多くのチャンスを作ったし、コーナーキックはかなりピンチだった」

「でもそこで自分たちが働きかけ、より良くなっていった。最終的には勝利に値したね。決勝のような試合展開になった時、先制点は本当に大事だ。だからこそ先制点を取れたのは大きかったね」

チェルシーからその他