分析

ペドロが試合を振り返り、カンテがメディカルスタッフに感謝

ペドロが初めてヨーロッパリーグのタイトルを獲得。エンゴロ・カンテはクラブで初めての欧州制覇。怪我を乗り越えアーセナルとの決勝に出場した。

カンテはトレーニングの怪我により決勝の出場の可能性が50-50だとサッリが試合前にはコメントしていた。

しかしチェルシーのドクターの助けもありカンテはアーセナルとの決勝で90分間フル出場を果たし、4-1の勝利に貢献した。

「膝を怪我してしまったから決勝に出れないのではないかと心配だったよ。でもメディカルスタッフが本当によくケアしてくれた」とカンテはコメント。

「決勝に自分が出場できるようにあらゆることをしてくれた。試合に出場できて勝利に貢献できたのは嬉しいよ」

「今シーズン唯一獲得できたタイトルだから本当に良かった。みんなと喜びを分かち合えるのは大きな意味があるよ」

ペドロはバルセロナやスペイン代表として数多くのタイトルをこれまで獲得。そして今回初めてヨーロッパリーグを制覇。チェルシーではこれまでプレミアリーグとFA杯を制覇している。

「これで引退できるね!」とペドロは笑いながらコメント。

「もう一つタイトルを獲得できたのは本当に嬉しいよ!ヨーロッパリーグは初めて優勝したから最高の気分だよ。得点も決めることができたし、仲間とファンと喜びを分かち合えて良かったね」

「いいフットボールを展開できて多くのゴールを奪った。前半は拮抗した展開だったけど後半はより速くボールを回したんだ。うまくコントロールしてラインの間にパスを出し、チャンスを作った。勝利に値したよ」

ダヴィド・ルイス:3度目の欧州制覇を祝う

チェルシーからその他