ニュース

ヨーロッパリーグ後のパーティーの裏側

バクーでのパーティー!

バクーで勝利を収めたあと、チェルシーの選手たちはホテルに戻り、家族、友人らとパーティーを行った。

ウィリアンが太鼓をたたくとダヴィド・ルイスが見事なステップを披露。監督として初めてタイトルを獲得したマウリツィオ・サッリはバルコニーで日の出を楽しんだようだ。パーティーの様子は上記の動画をチェックしよう。

決勝は現地時間の午後11時までキックオフされず、パーティーの開始は遅かったが選手やスタッフはロンドンなどからやってきた家族、友人とともに優勝を祝った。

ゲストたちは飲み物、食事、音楽などを時間一杯まで楽しんだ様子。

オリンピックスタジアムでは遠くのロンドンから駆けつけたファンたちが、チェルシー史上5度目の欧州制覇を祝った。ピッチ上でトロフィーが掲げられた後、選手たちはコーナー付近の席に座っていたファンたちと共に喜びを分かち合った。

ドレッシングルームでは選手、スタッフたちが喜びを爆発させた。サッリがドレッシングルームに到着すると水をかけられびしょ濡れになっていた。アテネ、ストックホルム、ミュンヘン、アムステルダムでこれまで欧州を制覇してきたが、今回新たにバクーの地で欧州制覇を達成した。

チェルシーからその他