インターナショナル

代表ウィーク:ヤングライオンズがトゥーロン国際大会で敗戦

イングランドU20はトゥーロン国際大会4連覇を狙ったが、火曜日の第2戦で敗北。チェルシー所属の3人の選手もこの試合に出場した。

ヤングライオンズは初戦を落とし、ポルトガル戦で大会初勝利を目指した。

トレヴォ・チャロバー(上記写真)はキャプテンを務め、コナー・ギャラガーとリース・ジェイムズもスタメンに名を連ねた。アーセナルのエディー・ケシャのゴールでイングランドは早くにリードを奪ったものの、前半に3点を奪われ3-1で前半を折り返す。

後半の開始早々ギャラガーがチャンスを演出したものの、キーパーのセーブにあう。後半の終了間際にジョー・ウィロックのゴールで1点差に詰め寄り、ポルトガルのPKをセーブしたものの試合は3-2で終了。

土曜日の初戦ではチャロバーがコーナーからヘディングを決め先制したものの逆転を許し、2-1で敗戦。

日本との初戦では後半に2ゴールを許したイングランド。チェルシーから選出され、ポルトガル戦には出場しなかったマーク・グエーイも惜しいヘディングシュートを放った。ジェームズとギャラガーはベンチにとどまった。

イングランドは金曜日にチリとリーグ最終戦を戦うが、すでに敗退が決定。

チャロバーとジェームズはローンからの帰還後、アメリカで行われたFinal Whistle on Hate matchにチームの一員として帯同。グエーイはプレミアリーグ最終戦のレスター戦でベンチ入りを果たした。またギャラガーはアカデミー年間最優秀選手賞を獲得し、ヨーロッパリーグ決勝でもベンチ入りした。

 

チェルシーからその他