分析

プレミアリーグ終盤戦:ビッグ6での比較

チェルシーとそのライバルであるマンチェスター・シティ、リヴァプール、トッテナム、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッドのプレミアリーグ、来シーズンの終盤戦を見ていこう…

2018/19シーズンのような戦いが続けば、来シーズンも熾烈な上位争いが繰り広げられることだろう。

プレミアリーグ2018/19シーズン振り返り

マンチェスター・シティがプレミアリーグ優勝を決めたのはリーグの最終節。またトップ4が決まったのもリーグ終盤だ。ブルーズもリーグの最終節、アウェイでのレスター戦で引き分け3位を決めた。

プレミアリーグ2019/20シーズン終盤戦

また2019/20シーズンのビッグ6の終盤戦を見ていこう。どのチームも最後の6試合はホーム3試合、アウェイで3試合を戦うことになっている。しかし欧州の大会や国内の大会の影響で日程が変わることもある。

マンチェスターの2チームは最後の6試合での対戦は無し。リヴァプールはアーセナルとのアウェイでの試合とチェルシーとのホームでの試合が控えている。一方のトッテナムの新しいスタジアムでのノースロンドンダービーは4月の最終週に組まれている。

チェルシーからその他