ニュース

真剣勝負を望むジョン・テリー

チェルシーを離れて2年、ジョン・テリーがスタンフォードブリッジに帰ってくる。

現在はアストンヴィラでアシスタントコーチを務めるテリーが、スポーツ業界人や著名人とともに構成されたワールドⅪのメンバーとして、ディディエ・ドログバ擁する世界選抜と対戦。あの金メダリストも駆けつけたこのイベントは、ユニセフのチャリティ活動の一環として行われる。

「ウサイン・ボルトはやる気十分だったね」と話すテリー。「ロビー・キーンもしっかり合わせてきた感じだね」

両チームは木曜日にスタンフォードブリッジで練習。元ブルーズからはグレン・ジョンソンやジョー・コール、ケイティ・チャップマンがイングランド勢として参加。さらにリカルド・カルヴァーリョ、マイケル・エシエンも世界選抜に加わる。またトップ写真にあるように、モー・ファラーも参戦予定だ。

「ちょっと怪我人も多くてね。コーリー(ジョー・コール)には今朝、ちょっと長めにプレーしてもらえないか聞いたんだ」と話すテリー。

「真剣勝負だよ。外から見れば親善試合のようかもしれないけど、食事や練習も含め真剣に準備している」

「今回のチャリティで集まった金額はありがたい数字だね。これに見合うような、素晴らしいイベントにしたい」

チェルシーからその他