分析

2018/19シーズンのペナルティスタッツ

引き続き昨シーズンを振り返っていこう。ここではチェルシーの2018/19シーズンにおけるペナルティキックに焦点を当てていく。 

昨シーズン、全大会を通してチェルシーが獲得したPKは合計で8つ。

昨シーズン、チェルシーがPKを献上したのは3回だけである。アロンソ、ケパそしてアスピリクエタがそれぞれ1回ずつPKを献上。 

ケパはここまで14回のPKを経験し、そのうち4回をセーブ。1回は枠を外れている。

スタッツ


獲得したPK: 8

アロンソ 2, アスピリクエタ 2, ジルー 1, アザール 1, ロフタス=チーク 1, ウィリアン 1

PKによるゴール: 7
アザール 5, ジョルジーニョ 1, ウィリアン 1

PK失敗: 1
ファブレガス 1 (セーブ)

PK献上: 3
アロンソ 1, アリサバラガ 1, アスピリクエタ 1

PKにより奪われたゴール: 2

PKをストップ: 1
アリサバラガ 1

PK戦でのキック成功: 11
アスピリクエタ 2, ダヴィド・ルイス 2, アザール 2, ジョルジーニョ 2, バークリー 1, エメルソン 1, ウィリアン 1

PK戦でのキック失敗: 3
アスピリクエタ 1, ジョルジーニョ 1, ダヴィド・ルイス 1

PK戦でのセーブ: 4
アリサバラガ 4

PK戦でゴールを許した数: 9
アリサバラガ 9

PK戦で相手が枠を捉えられなかった数: 1

チェルシーからその他