ニュース

チェルシーのレジェンドたちがゴールを量産

アンドリュー・シェフチェンコのPKにグスタヴォ・ポイェ、ウィリアム・ギャラス、フロラン・マルダもゴール。チェルシーレジェンドがレアル・マドリッドレジェンドとのチャリティマッチを行った。

試合には5-4で敗れたものの、ブルーズは開始20分で3-0とビハインドを負った状態から巻き返してみせた。

チェルシーレジェンドは2017/18シーズン終了時にもスタンフォードブリッジにてインテルフォーエバーと対戦している。

そして1年後、チェルシーレジェンドはエスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウにてレアル・マドリッドとチャリティマッチを行うことに。

チェルシーとレアル・マドリッドの両クラブでプレー経験のあるリカルド・カルヴァーリョ、クロード・マケレレはレアル・マドリッドレジェンドのメンバーとしてスタートし、試合途中からブルーズのユニフォームを着てピッチに立った。

試合には60,000人の観客が詰めかけ、キックオフ前にはバンド演奏やスカイダイビングのイベントが行われた。

昨年行われたインテル・フォーエバーとの一戦でマンオブザマッチに輝いたカルロ・クディチーニはこの試合でもレアルの歴代得点ランク2位、ラウルのシュートをブロック。フェルナンド・モリエンテスのゴールはオフサイドの判定によって取り消された。

試合が動いたのは11分。ラウルのゴールでレアル・マドリッドレジェンドが先制する。

さらにレアル・マドリッドレジェンドはモリエンテスの2ゴールで20分までに3-0とリードを奪う。

チェルシーレジェンドも反撃。シェフチェンコがカルヴァーリョに倒されて得たPKを自ら決めている。

さらにその1分後、フロラン・マルダからポイェのヘッドでスコアは3-2に。これはチェルシー時代の145試合でポイェが決めた49ゴールを彷彿とさせるものだった。

そしてマケレレとカルヴァーリョはブルーズの一員としてプレー。

追加点はレアルに生まれる。デサイーとともに1998年のW杯優勝メンバーであるクリスティアン・カレンベウが強烈なシュートを決め、試合は4-2となった。

チェルシーはワイズ、ポイェ、マケレレ、ティアゴの連携から最後はギャラスが決めて一点差に。

しかしレアルも突き放す。マケレレのファウルで得たPKをラウルが決め、スコアは5-3となった。

終盤にはコーチのジャンフランコ・ゾラがピッチへ立つと、ティアゴのスルーパスからマルダが決めて5-4に。試合はこのまま終了し、レアル・マドリッドレジェンドが勝利した。

チェルシー・レジェンド カルロ・クディチーニ(エンリケ・イラーリオ HT);フランク・シンクレア(デニス・ワイズ 39)(グスタヴォ・ポイェ 68)、マルセル・デサイー(c)(リカルド・カルヴァーリョ 28)、ウィリアム・ギャラス(フランク・シンクレア 75)、ジュリアーノ・ベレッチ、エディ・ニュートン(クロード・マケレレ 28)、ティアゴ、セレスティン・ババヤロ(ダニー・グランヴィル 33);グスタヴォ・ポイェ(アンドリュー・シェフチェンコ 59);フロラン・マルダ、アンドリュー・シェフチェンコ(トーレ・アンドレ・フロー HT)(ジャンフランコ・ゾラ 63)


得点者 シェフチェンコ 23(PK)、ポイェ 34、ギャラス 45、マルダ 66
 

レアル・マドリッド・レジェンド セサル・サンチェス(コケ・コントレラス HT)、アルヴァロ・アルベロア(ホセ・アマヴィスカ 66)、リカルド・カルヴァーリョ(イヴァン・カンポ 25)、フェルナンド・サンズ(フェルナンド・イエロ HT)(ヴィクトール・サンチェス・デル・アモ 50)、ホセ・アマヴィスカ(アントニオ・ヌネス HT)、クリスティアン・カレンべウ、クロード・マケレレ(アルベルト・リヴェラ 25)ラウル(ハヴィエル・バルボア 57)、グティ(ジュリオ・ジョレンテ 39)、フェルナンド・モリエンテス(アルフォンソ・ペレス 55)、ジュリオ・バプティスタ(エドウィン・コンゴ 45)

得点者 ラウル 11、50(PK)、モリエンテス 14、20、カレンベウ 36

チェルシーからその他