分析

あのときの1枚:イーサン・アンパドゥ

2018/19シーズンを写真で振り返ってもらう夏の特集。今回はイーサン・アンパドゥが下にある写真についてコメントしてくれた。

この写真は11月、ヨーロッパリーグ、PAOKとのホームの試合での1枚だ。この試合はチェルシーが4-0で快勝…

「カラムの最初のゴールを喜んでいるところだね」とアンパドゥはコメント。「彼にとって最高の瞬間だったろうね。昔から彼が優れた選手であることは知っていたし、若いチームメイトであり、友達である彼のゴールをピッチ上で見ることができたのは本当に嬉しかったよ」

「この写真にはセスク・ファブレガスもいるね。技術においては彼は別次元だったね。ロングレンジのパスの正確性は最高に綺麗な軌道を描くよ。それだけじゃなくて相手の懐に入っていく技術やスペースの認知能力は見ていて本当に面白いんだ。ノッティンガム・フォレスト戦で自分がデビューを飾ったとき彼と共にプレーできたのは本当に嬉しかったよ」

「ヨーロッパリーグでのゲームは雰囲気が違う。だからいい経験になったし面白かったよ。ヴィディ戦で自分がプレーしたとき、ファン達には少しびっくりしたね。チームメイトの声が聞こえないくらいの口笛を吹くんだよ」

記事:チェルシー 4-0 PAOK

チェルシーからその他