インターナショナル

ウィリアン擁するブラジルが決勝進出

滑り込みでメンバー入りしたウィリアンも出場したブラジル代表が、12年ぶりのコパアメリカ決勝進出を決めた。

準決勝の相手は、宿敵アルゼンチン。母国開催のブラジルは2-0でこの一戦を制し決勝進出を決めている。

ウィリアンは負傷離脱となったネイマールの代わりに召集を受けると、大会を通じて度々出場。準決勝では後半から出場している。

試合は前半19分にフィルミーノのクロスからガブリエル・ジェズスが決めて、1-0で前半を終えていた。

エヴェルトンに代わって投入されたブラジルだが、57分にはメッシがポストに当てる場面も。

しかし次のゴールを奪ったのもブラジル。71分にフィルミーノが決めて決勝進出を決定づけた。

決勝は日曜、マラカナンにて行われる。相手は準決勝もうひとつのカード、チリ対ペルーの勝者だ。

通算9度目の優勝を目指すブラジル。1916年創立と、大陸ごとの大会では世界最古のものになる。

チェルシーからその他