ニュース

フランク・ランパードの実績 - チェルシー&イングランド代表でのゴール数・タイトルなど

フランク・ランパードがチェルシーの次期監督になることを記念して、チェルシーで過ごした13年間を含む彼のキャリを振り返っていこう…

フランク・ランパードの年齢は?

現在は41歳。彼は1978年6月20日にエセックスのラムフォードで産まれた。

身長は?

6フィート (1.84m)
 

チェルシーに加入した年は?

2001年の6月に1100ポンドでチェルシーと契約。当時、チェルシーの選手の中で2番目に高い金額でありプレミアリーグの中でも最高額に近い数字となっている。


チェルシーで過ごしたシーズンはどれくらい?

2014年までの13シーズン。


チェルシーデビューはいつ?

シーズンの開幕戦となったホームでのニューカッスル戦。 - 2001年8月19日、1-1の引き分け

チェルシーでの最後の試合は?

2014年5月4日、ノリッチとのホームでの試合。- 0-0の引き分け


チェルシーでの通算出場数はどれくらい?

648試合に出場。その中で593試合がスタメン出場となっている。これを上回る数字を記録しているのはロン・ハリス、ピーター・ボネッティ、ジョン・テリーのみだ。

記録したゴール数は?

フランク・ランパードはクラブ通算で歴代トップとなる211ゴールを決めている。

2013年の5月11日に行われたアストンヴィラ戦でボビー・タンブリングを追い抜かす203ゴール目を記録。このゴールは決勝点となった。

また、リーグ戦だけに限ってみても歴代最多ゴールはランパード。プレミアリーグ通算147ゴールを記録した。

FA杯では26ゴール。

欧州では25ゴール、ドログバは34ゴールを記録。

リーグ杯では歴代2位の12ゴール。トップは25ゴールを決めたケリー・ディクソンだ。
 

彼は出場5試合目となるUEFA杯レフスキ・ソフィア戦でチェルシー初ゴール。

クリスマス直前、ボルトン戦では5点目を奪い大勝に貢献。

2003年のチャンピオンズリーグではラツィオ戦で見事なシュートも決めている。
 

チェルシーでは10シーズン連続で二桁のアシストとゴールを記録。また5シーズン連続で20ゴールを記録している。

チェルシーで獲得したタイトルは?

UEFAチャンピオンズリーグ 2012
プレミアリーグ 2005,、2006、2010
UEFAヨーロッパリーグ 2013
FA杯 2007、2009、2010、2012
リーグ杯 2005、2007
FAコミュニティシールド 2005、2009

合計で13個のタイトルを獲得。

個人で獲得した賞は?

FWA年間最優秀選手賞 2005

PFA年間最優秀選手賞 2005

FIFPro年間ベストイレブン 2005

UEFA選定最優秀MF賞 2008

FIFA年間最優秀選手賞第2位 2005

バロンドール第2位 2005

PFA年間最優秀選手賞第2位 2004、2005、2006

チェルシー得点王 2004/05 (19ゴール)、2005/06(20 ゴール)、2007/08(20 ゴール)、2011/12(16 ゴール)

チェルシー年間最優秀選手賞 2004、2005、2009

FWA年間最優秀選手賞第2位 2004

チェルシー特別賞 2008、チェルシー通算100ゴールを記念して

チェルシー特別功労賞 2013

フットボール記者協会功労賞  2009

2015年にはフットボールにおける貢献で大英帝国勲章を受章

チェルシーで達成したマイルストーンは?

2003年5月3日のウェストハム戦で100試合出場達成。0-1で敗れている。

2005年2月23日のチャンピオンズリーグ、アウェイのバルセロナ戦で200試合出場達成。1-2で敗れている。

2007年1月10日のリーグ杯、ウィコムとのアウェイゲームで300試合出場達成。1-1で引き分けている。

2009年1月17日、2-1で勝利したストーク戦で400試合出場達成。

2011年4月6日のチャンピオンズリーグ、マンチェスター・ユナイテッドとのホームゲームで500試合出場達成。0-1で敗れている。

2013年4月17日、アウェイのフルハム戦で600試合出場達成。3-0で勝利している。

100点目を記録したのは2008年2月のFA杯ハダーズフィールド戦。3-1で勝利している。

150点目は2010年3月のアストンヴィラ戦での3点目。この日は4ゴールで7-1の勝利に貢献している。

200ゴール目は2013年3月17日のウェストハム戦。古巣相手に2-0で勝利している。

2001年10月13日から2005年のボクシングデイまで、リーグ戦164試合連続出場を達成し当時のプレミアリーグ記録を更新。現在もクラブ記録となっている。

2012年10月のシャフタール・ドネツク戦で、チェルシーでは初めてとなる欧州大会100試合出場を達成。

2014年4月のPSG戦で、チャンピオンズリーグ100試合出場達成。

キャプテンを務めた回数は?

83回。2012年のチャンピオンズリーグ決勝では、出場停止のジョン・テリーに代わって主将を務めた。
 


ハットトリックの回数は?

5回。最初のハットトリックはFA杯のマクレスフィールド戦。


フランク・ランパードは58回のPK(PK戦を除く)を蹴って、49ゴールを記録

2009年12月のウェストハム戦では、2回の蹴り直しも得点。

PK戦では10回中8回成功。2012年のチャンピオンズリーグ決勝でも決めている。
 


ランパードが最もゴールを決めた相手は?

アストンヴィラ - 14ゴールを記録。


チェルシー加入前、退団後に所属したクラブは?

最初のクラブはアカデミーを卒業したウェストハム。スウォンジーへもローン移籍している。

チェルシー退団後はマンチェスター・シティ、ニューヨーク・シティでプレー。2017年2月に引退を表明した。
 

ウェストハム時代のゴール数は?

デビューは1996年5月、187試合38ゴールで2001年にチェルシーへ移籍した。

スウォンジー時代は?

11試合で1ゴール。当時リーグ1所属のスウォンジーで、プロ初試合を経験している。
 

マンチェスター・シティ時代は?

38試合8ゴール。

 

ニューヨーク・シティでは?

31試合15ゴール。


プレミアリーグ通算609試合出場で、歴代3位の記録を保持

ゴール数(177)は歴代4位、アシスト(102)も歴代4位。


他のクラブでのタイトルは?

ウェストハム時代の1999年、インタートトカップを制している。

ダービーでの監督キャリア

2018/19シーズン、フランク・ランパードはダービー・カウンティの監督に就任。

初戦は2018年8月のアウェイのレディング戦で、2-1の勝利。

ダービーはフットボールリーグチャンピオンシップ46試合で20勝14分、6位でフィニッシュ。昇格プレーオフに進出しリーズを下して決勝進出も、アストンヴィラに2-1で敗れている。

FA杯では5回戦に進出し、ブライトン相手に敗退。カラバオ杯ではチェルシーと4回戦で対戦。3-2で敗れている。

父親は?

父親のファーストネームもフランク。父親はウェストハムで670試合に出場したサイドバックで、FA杯を2回優勝している。1980年のFA杯準決勝エヴァートン戦では決勝点を記録し、コーナーフラッグを駆け回るセレブレーションは、のちに2009年、同じくエヴァートン相手に決勝で決勝点を決めた息子のランパードが真似している。

家族は?

従兄弟はジェイミー・レドナップ。現役時代はリヴァプールなどでプレーし、イングランド代表でも中盤を担っていた。叔父のハリー・レドナップも元ウェストハムで、監督時代にランパードを見ている。なお当時のアシスタントコーチには父親もいた。

妻はクリスティーン・ランパード。旧姓はブレイクリーで、TV司会者を務める。


代表キャップ数とゴール数は?

106キャップ、29ゴール。

チェルシー時代の記録は?

104キャップ、29ゴール。

代表タイトル

イングランド代表年間最優秀選手賞  2004、2005
UEFAユーロ2004ベストイレブン選出

主要大会出場記録

ユーロ2004(4試合3ゴール+PK戦1回成功)
2006年W杯(5試合)
2010年W杯(4試合)
2014年W杯(1試合)

チェルシーからその他