ニュース

アルヴァロ・モラタが完全移籍でアトレティコ・マドリッドへ

アルヴァロ・モラタが今日アトレティコ・マドリッドへと完全移籍することとなった。 

2019/20シーズンの終わりまでローンでマドリッドへと移籍していたモラタは今回完全移籍という形でマドリッドに渡ることとなった。スタンフォードブリッジで2年間過ごしたモラタは72試合に出場し24ゴールを決めた。

2017年の夏、レアル・マドリッドからチェルシーへと移籍したモラタは、17/18シーズンの開幕戦となったバーンリー戦で途中出場しプレミアリーグデビュー。 

勝利したエヴァートン戦、レスター戦でヘディングのゴールを決めたモラタはプレミアリーグ出場4試合で3ゴールを記録。日に日にその空中戦での強さを発揮した。

9月の終盤にチームはストーク・シティに4-0で勝利。この試合でモラタはハットトリックを記録した。開始2分に落ち着いて先制点を決めると、圧巻だったのは自身2点目のシーン。センターサークル付近からドリブルを始めると相手DFを振り切りそのまま冷静にフィニッシュ。決定的となる3点目を決めた。

またチャンピオンズリーグ、アトレティコ戦では同点となるヘディングのゴールを決め、11月の初旬にはホームでのユナイテッド戦で決勝点をマーク。またこのゴールは同胞のセサル・アスピリクエタがアシストを記録した。

2017年まででは計12ゴールを決めたモラタであったが、2018年は怪我で出遅れた。

1月にオリヴィエ・ジルーがやってくるとストライカーのポジションは2人で争われることに。モラタはその後も活躍を見せて、ウェンブリーで行われたFA杯準決勝サウサンプトン戦ではヘディングを決めるなど3ゴールを決めた。

FA杯決勝では残り数分のところでプレーしたモラタは、監督がマウリツィオ・サッリになってから監督の第一選択肢に。ハダーズフィールドとの開幕戦ではスタメン出場を果たした。

18/19シーズンの最初のゴールは3-2と勝利したアーセナル戦で生まれた。10月にも3ゴールを決めると、翌月のクリスタルパレス戦でもゴールを決め3-1の勝利に貢献した。

ストライカーのポジションにエデンが使われ始めると、モラタの出場機会も制限されることに。それでもモラタは彼のチェルシーでの最後の試合となったFA杯3回戦のノッティンガム・フォレスト戦で2ゴールを決める活躍。

モラタの未来に期待しよう。

チェルシーからその他