インタビュー

ランパードから学ぶコヴァチッチ

フランク・ランパードのもとでプレシーズンマッチを戦うマテオ・コヴァチッチが新監督について語った。

レアル・マドリッドから完全移籍でチェルシーへと加入したコヴァチッチはランパードのトレーニングに影響を受けていると語る。

「彼のようなクラブのレジェンドが指導をしてくれるのはすごいことだね。プレシーズンここまでを本当に楽しめているよ」

「トレーニングは非常に激しくタフだけど、パフォーマンスは良い。トレーニングが厳しくても、ボールを保持することができているから皆も楽しんでいるんだ」

「チームの全員がフランクから学びたいと思っているし、彼やクラブにとって誇りに思える組織となりたいね」

日本に到着したチェルシー。日本では川崎フロンターレ、バルセロナと対戦する。

コヴァチッチはフランク・ランパード、そして川崎フロンターレの監督及びキャプテンとともに記者会見に参加している。

プレシーズンマッチとはいえ、コヴァチッチはフロンターレとの一戦がプレミアリーグのシーズン開幕へ向けた大きなチャレンジになると話した。

「監督と同様に、自分たちも良い試合となることを期待している。日本に来ることができて嬉しいし、良いプレシーズンマッチにしたいね」

「日本のファンの前でプレーするのは大きなこと。昨シーズンの日本王者と戦えるのも良いね。こういった対戦相手との試合を多く経験してきたんだ」

「プレミアリーグでも、チャンピオンズリーグでも強敵との対戦が控えている。だからこそ良いテストが必要だ」

「強敵相手に戦うことには慣れている。この試合が新シーズンに向けた準備になるよ」

2019/2020シーズンのプレシーズンマッチに関する情報

チェルシーからその他