クラブパートナー

ナイキとチェルシーの2019/20シーズン新アウェイユニフォームは"モッズ族"にインスパイア

ナイキとチェルシーフットボールクラブは、2019/20シーズンの新アウェイユニフォームを発表。

1960年代のロンドン、そしてスタンフォードブリッジから程近いキングスロードで沸騰したモッズカルチャーにインスパイアされたデザインを採用。

ポロシャツタイプで、襟はボタンダウン、赤と青のストアイプが映える鮮やかな白がベースだ。もちろん’Pride of London’のあしらいも施されている。

袖口も赤と青で彩られ、白のパンツ、青のソックスもふくらはぎ部分はストライプが走っている。

またユニフォームの裏側にも’Pride of London’が刻まれている仕様だ。

この新アウェイユニフォームは、日本で金曜日に行われる川崎フロンターレ戦でお披露目。購入はオンライン、スタンフォードブリッジ併設のメガストアで発売中だ。


メンズ

レディース

キッズ

チェルシーからその他