分析

ダヴィド・ルイスとペドロがバルセロナ戦を振り返る

バルセロナ戦の勝因を問われたダヴィド・ルイスとペドロは口を揃えてインテンシティと話した。

新監督のフランク・ランパードのトレーニングにおいて強調されているインテンシティ。目的を持ってボールを素早く動かすことを求めるランパードのスタイルは埼玉で行われたバルセロナ戦での勝因となったようだ。

「お互いに良い試合をしたね」ダヴィド・ルイスは話す。

「自分たちは高いインテンシティでプレーできて、ボールを支配していた。バルセロナを相手にボールを支配するのは難しいものだけど、をれができたね。もっと多くのゴールを決められたと思うよ」

「プレシーズンの中でも重要な試合だった。自分たちは常に成長していて、日本での2試合で多くを学ぶことができた」

古巣対戦となったペドロは来月のシーズン開幕を心待ちにしている。

「自信につながる勝利だったね。開幕戦はマンチェスター・ユナイテッドとのビッグマッチだ。でもまずはプレシーズンマッチで準備をしないとね」

「自分たちのポテンシャルを示しながら、強い意志とインテンシティを持ってプレーできたことは良かったよ」

ダヴィド・ルイスは日本で行われたプレシーズンツアーを次のように振り返った。

「ここに来ることができて嬉しい。リスペクトを示してくれて、フットボールへの愛情を持った人々がたくさんいるんだ。自分にとって日本に来るのはいつだって特別だよ。だから自分たちもリスペクトを示して、良いフットボールを見せたかったんだ」

チェルシーからその他