インタビュー

アシュレイ・コールが現役時代を語る

アシュレイ・コールが現役時代の移籍、思い出のある大会、これからについてコメントを残した。

アシュレイ・コールは今夏38歳で現役を終えた。

彼の次なるステップはコーチング業となっている。先週チェルシーと共に日本へ帯同した際、フランク・ランパード率いるチェルシーの様子を近くから見ていた。

クラブアンバサダーとしての役割の前に、ブルーズでの彼の活躍についてコメントしてくれた。

チェルシー加入前にはアーセナルで活躍。2002年にはダブルを達成している、

イングランド代表のコールは2006年にロンドンからスタンフォードブリッジへと戦いの舞台を移した。チェルシーでは主要タイトルをいくつも獲得。2010年にはダブルを達成し、2012年にもチャンピオンズリーグを制覇している。

Now, five years after leaving the Bridge, he is about to embark on his next adventure and he certainly has the experience, and medals, to share. It is hard to think someone so successful could ever have been doubted, or indeed doubted themselves, but as Cole recalls, there were plenty of question marks hanging over him when he decided to swap north London for SW6.

‘I felt nerves,’ he smiles as he recalls joining Chelsea. ‘I knew a lot of the players, but it was nerve-wracking coming to a new team with a new manager.

‘I was excited. It was a tough decision to make at the time, but I was eager to get going. I came to the club a little bit angry inside. I wanted to prove what I was worth, that I was good enough to play at the top and I wanted to keep on winning,’ he explains.

‘The Arsenal “Invincibles” team was a team of winners with big personalities. But over time, the big players were leaving - Patrick Vieira, Dennis Bergkamp was finishing, Thierry Henry - and I wanted to be around a team that had that will and desire to win.

‘I’d played with Frank and John Terry with England, Joe Cole, Wayne Bridge, Shaun Wright-Phillips too, and I liked that mentality. They had won the league back to back and I wanted to be part of it. I was ready for it.’
 

アーセナルファンの間ではお金の為だけに移籍したと言われたコールだったが、加入最初のシーズンは膝の怪我に苦しむことに。それでも2007年には新しいウェンブリーでのFA杯初制覇に貢献した。

彼が不在の中、リーグ杯の決勝でアーセナルを撃破したチェルシー。

「ここで最初にタイトルを獲得した時は本当に嬉しかったよ」とコメントしたコール。「ここに来れて本当に嬉しかった。FA杯でユナイテッドを下して優勝するためにここに来たんだ」

怪我から回復すると、2010年にはまた怪我に悩まされることに。エヴァートン戦で怪我を負ったもののその試合では強行出場。しかし、それ以降も足首の怪我は残ることとなる。

カルロ・アンチェロッティも下で彼は攻撃的なフットボールに目覚めることとなる。

「思うに、監督のフットボールにあっていたと感じたんだ。アーセナルでプレーしていたようなプレーだねと話したコール。「スコラーリが来た時ベストだと感じたんだ。自信を取り戻したね」

「アンチェロッティは自分のナンバーワンだ。戦術的にもね。自分たちに自由を与えてくれたし、攻撃的にプレーすることができた。2009/10は自分のベストシーズンだったね」

「自分の最多ゴールを決めることができたシーズンだったんだ。他の選手たちとの連携もしっかりとれていた。フローラン・マルダといい関係を築けていた。JTやフランクと共に攻撃的なサッカーをすることができた」

アシュレイ・コールは世界でも最高の左サイドバックだったと言われている。

「最高かどうかはわからないね」とコメントしたコール。「もしみんながそう言ってくれるのなら嬉しいけど、自分で言うのは難しいね」

「こういうわけでベストなフットボールをすることができた」と説明したランパード。「10歳の頃から自分は小さすぎるを言われてきた。けど、しっかりとできるということを証明できた」

 

彼はプレミアリーグのタイトルを獲得すると、4回のFA杯制覇(合計では7回)、1回リーグ杯ヨーロッパリーグ、チャンピオンズリーグを制覇。

「優勝した時は忘れられないよ。ダブルを達成するとなおさらだよ」

「キャリアの中で7回FA杯を制覇した。アーセナルでも3回制覇できて嬉しかったよ。こんなことできるなんて思ってもなかったよ」

「チャンピオンズリーグは何度も制覇に近づいた。2006年にアーセナルで決勝に進出した敗れたんだ」

「チェルシーでは準決勝の思い出があるよ。JTの気持ちは想像するだけで辛かったよ。10人になってからPK戦に持ち込んで勝利できた」

「チームも一丸になったし、本当にいい戦いだったね」

コールは現在、現役とは違った形でフットボール人生を送っている。

「頭では動けると思っても足が動いてくれないんだ!」

「ここにいれるのは最高だ。チェルシーが特別なクラブだよ」

チェルシーからその他