ニュース

ランパードが彼の幼い頃、チェルシーでの栄光についてコメント

フランク・ランパードは若い時から美しい試合を目指している。彼はフットボールでのはじめの一歩、そして家族の重要な役割についてコメント。

ランパードは幼い頃からフットボールとの接点がある。父はウェストハムで650試合に出場。そしてイングランド代表にも2度選出されている。おじハリー・レドナップは監督としてプレミアリーグで成功を収めた。ランパードが幼い頃からフットボールに触れていたのは驚くべきことではない。

「自分が小さい頃の家で撮った写真を覚えているよ。床とか自分の手にはボールが写っていたね」とコメントしたランパード。「こうやって成長していったんだ」

「地元なフットボールチームに入るために公園に行ったんだ。チームに入ってけど最初は緊張していたね。でもそこから毎日学校が終わると、フットボールをしに行っていたね。小さい頃にはたくさんの思い出があるよ」

「親戚がみんなフットボールに関わっていたことは自分にとって大きな助けになったよ」と続けたランパード。

「小さい頃は父と叔父がフットボールをプレーしていた。だから幼い時から知識はたくさん教えてもらったんだ。家族の助けがなければプロになるのは難しかっただろうね」

「監督になってもまた家族が助けになった。自分のフットボールの知識、フットボールについて感じることは監督としての自分を助けてくれる」

ランパードは13年間選手としてスタンフォードブリッジで過ごした時のようにタイトル獲得を目指すが、チェルシーについてもコメント。

「選手として自分の特別な場所はスタンフォードブリッジだったよ。ホームでのプレーは好きだよ。ファンがサポートしてくれるんだ」

「2005年プレミアリーグを制覇した時は感動したよ。スタンフォードブリッジに戻ってきた時には道に約250,000人のファンが居たんだ。(トップ写真)本当に特別な瞬間だったよ」

「2012年に制覇した時もそうだったね。道にファンがいっぱい居て共に喜びを分かち合ったよ」

マデイスキー・スタジアムで行われるレディングとの一戦は公式サイト、公式アプリから視聴可能。詳細はこちら。

チェルシーからその他