分析

クリステンセンがチームの状態、オールド・トラフォードでの試合に向けて言及

土曜日に行われたボルシア・メンヒェングラードバッハとのプレシーズンマッチはピッチ内外で問わずアンドレアス・クリステンセンにとっては素晴らしいものになったようだ。古巣との対戦に満足を表したもクリステンセンは、オールド・トラフォードで行われるマンチェスター・ユナイテッドとのプレミアリーグ初戦に意識を切り替えた。

ボルシア・メンヒェングラードバッハで2年間の素晴らしいローンを経験したクリステンセン。そのクリステンセンは古巣に対しての脅威をウェブサイト上でコメント。ハーフタイムを2-0で迎え、フラストレーションが溜まっていたチェルシーだったが、2度のPK弾で追いつき、プレシーズン最後の試合をドローで終えた。

「前半はタフなものになった。でも自分たちはハーフタイムにドレッシングルームで自分たちにとって必要なリアクションについて話し合ったんだ」とクリステンセンは話した。

「自分たちのコンディションがベストでなくても、後半は素晴らしいものになった」

「グラードバッハとの対戦は容易なことではないんだ。前半は特にそのことを感じさせられたよ。それは自分がここにいても同じことだよ。彼らは自身を表現したいと思っている若いチームなんだ。でもドレッシングルームで話をした後、自分たちは新しい解決策を思いついたんだ」

23歳のクリステンセンは素晴らしい時期を過ごしたボルシア・パークへの帰還は特別なものだと話した。しかし、今、彼はオールド・トラフォードでマンチェスターユナイテッドと対戦するプレミアリーグ開幕戦に意識を向けているようだ。

「自分たちは良い状態でプレミアリーグを迎えることができる。本来自分たちがいるべき所を目指したいと思っているね。それに向けて準備を進めていくよ。プレシーズンはハードなものになった。難しいゲームを戦ったんだ。自分たちにとって良いテストになったね」

「日曜日はとてもタフなゲームになるだろう。チームはもう少し改善が必要な部分がある。でも自分たちには戦う準備をしなければならい週末が控えている。アウェイでのゲームだから特に難しいゲームになると思うけど、それまでにチームの準備が整うと思っている」

チェルシーからその他