分析

ランパードの哲学:目指すプレースタイルを語る

フランク・ランパードは試合における2つの局面にフォーカスしていると話した…

 

フランク・ランパードは全てをこなすミッドフィルダーだった。その類い稀な得点能力がフォーカスされるが、チェルシーでのキャリア終盤には守備的なポジションで相手の攻撃をストップする役割もこなしてみせた。ミュンヘンでのパフォーマンスはその一例だ。

チェルシーの監督となったランパードは攻守ともに主導権を握ることを目指す。そのスタイルはトレーニングでしっかりと植えつけられているようだ。

「どのようにトレーニングを行うかというところに焦点を当てている」ランパードは話す。

「自分たちが目指すプレースタイルをトレーニングする。プレー中にスイッチを切るようなことはないはずだ」

「このチームからエネルギーに溢れたプレーを期待しているよ。ボールを支配したいんだ。このチームにはボールを扱う技術の高い選手たちがいるが、ポゼッションが目的ではない。ピッチ上でボールを素早く動かし、チャンスを作りたいね。見ていても楽しいプレーになるはずだよ」

「もちろんオフザボールでも積極的にならなければいけない。オフザボールでハードワークをして、オンザボールでは高いクオリティを求める。相手にとって手強いチームになりたいんだ」

タイトルを争うチームとのアウェイゲームや、残留争い中のチームとのホームゲームなど、毎試合がチャレンジの連続となる。ランパードは毎試合に適応することが大切だと話している。

「プレー哲学への質問は難しいものだ。多くのことを聞かれるからね。攻撃的なフットボールと言われるが、それが自分の望むものではないよ」

「様々なスタイルに適応できなければならない。プレミアリーグで毎試合攻撃的なフットボールを行う - それも悪くない。タフなものになるけどね。どんな相手にも上手く適応することが大切なんだ。そのための準備はできているよ」

「オフザボールでのプレーにフォーカスしている」

「それが基本となるよ。ボールのないところでどれだけハードワークができるか、その上でオンザボールに言及したい。選手たちは才能に溢れていて、ボールを持てばなんだってできる。ただ、自分たちは対戦していて脅威を与えるチームにならないとね。攻撃的なフットボールも、守備的なフットボールも同じだよ」

チェルシーからその他