ヒストリー

スーパー杯を制覇した1998年8月

今回行われるスーパー杯にちなんで、レアル・マドリッドを下したスーパー杯をクラブの専門家であるリック・グランヴィルが振り返ってくれた...

1998年8月24日に行われたUEFAスーパー杯はチェルシーにとって嬉しい出来事であった。また当時の対戦相手は1971年カップ・ウィナーズ杯の決勝の相手であり、7度ヨーロッパチャンピオンに輝いたレアル・マドリッドであった。

これまでのスーパー杯は2試合に渡って行われていたが、1998年から1試合のみ行われるようになった。そして開催地はモナコのスタッド・ルイ・ドゥであった。

最近のブルーズのコーチであったエディ・ニュートン、ジョディ・モリスがベンチから試合を見守る中、試合はキックオフされた。

アンセムの映画スターウォーズ‘The Throne Room’がロンドンシンフォニーオーケストラによって演奏された。チャンピオンズリーグのテーマはロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団によって録音されている。

グスタヴォ・ポジェがこの試合の決勝点を奪い、ジャンルカ・ヴィアリにタイトルをもたらした。ヴィアリは選手兼監督として5ヶ月で3つ目の優勝を果たした。

これ以降ブルーズはこのタイトルを獲得していない。明日の試合でタイトルを獲得できるのか。

チェルシーからその他