分析

ズマ:「恐れずに戦った」

タイトル獲得とはならなかったブルーズだが、クル・ズマはリヴァプールとのスーパー杯から多くを学んだようだ。

リヴァプール戦で守備陣を統率したズマ。オールド・トラフォードで悔しい場面があった直後の試合で印象に残るプレーを見せた。

PK戦で敗れたフランク・ランパード率いるチェルシーだが、ズマはこの試合を次のように振り返っている。

「不運だった。PK戦だったとしても、より良い結果に値したはずだ」

「強敵を相手に良い試合ができたことを誇りに思うよ。恐れずに戦った。相手に脅威を与えていたし、勝利に値する試合だったはずだ。トロフィーを得られなかったのは残念だけど、良かったことは継続したい」

「週末のような敗戦の後にこのような試合ができたことはポジティブだ。このチームには優れた選手がいて、強い集団だよ。全員で120分間戦ったんだ。全員が集中して全力を尽くした。そのことを誇りに思うよ」

延長戦でチームの同点弾に繋がるプレーを見せたタミー・エイブラハムがPK戦でキックを失敗。ズマはエイブラハムにも次のようにコメントした。

「PK戦では運も必要だ。タミーは試合中良いパフォーマンスだったし、同点弾に繋がるPKを獲得した。PKは失敗したかもしれないけど、彼は若いしこれから多くを学ぶはずだ。強い選手だよ」

最高のスタートとはならなかったものの、プレミアリーグで勝ち点3を手にするチャンスはすぐそこに迫っている。日曜日にはスタンフォードブリッジへレスターを迎える。

「準備はできているよ」

「このような試合の後ではしっかりと回復をして、日曜日の試合に備えることが必要だ。勝つべき試合だったけど、これもフットボール。前を向かないとね」

チェルシーからその他