ニュース

負傷離脱中の選手たちについてコメント

フランク・ランパードがカラム・ハドソン=オドイ、アントニオ・リュディガー、ウィリアンの回復状況についてコメント…

試合前記者会見に臨んだランパードは、4月にアキレス腱を負傷したハドソン=オドイについて順調な回復具合だとコメント。

「復帰はまもなくだ」と話すランパード。「ここ2週間くらいはU23チームと一緒に練習して、状態は良さそうだ。あとはコンディショニングの問題かな。怪我の回復が良好で何よりだよ」

「ただ復帰するだけでなく、いい状態で戻って来てほしい。たくさん走ってもらわないとね!」

ハドソン=オドイ復帰後のチームについては次のようにコメント。

「来月の代表戦ウィークは良いタイミングになりそうだ。そこで最終的な見極めができると思う」

「補強禁止処分のおかげというか、結果的に若手に注視できる。リース・ジェイムズを含む6名がまだ離脱中だが、全員が揃えば良いチームになるはずだよ」

昨シーズンはウィガンにローン移籍していたジェイムズについては、2、3週間で足首の怪我か復帰できる見込みなようだ。

またリュディガー、ウィリアンについては次のようにコメントしている。

「リュディガーは練習に合流しているが、試合に出るかはまた別の話。カラムについてもそうだ。ウィリアンはより近い状況だね。週末また経過を見よう」

チェルシーからその他