インタビュー

タミー・エイブハムがスーパー杯、レスター戦について話す

タミー・エイブラハムチェルシーでの成功を信じ、チームの目標はスタンフォードブリッジで勝ち点3を獲得する事だと話した。

若きストライカーのエイブラハムはリヴァプールとのスーパー杯で途中から出場。チームは延長戦でジョルジーニョがPKを沈め2-2の同点に追いつく。しかしPK戦で5人目となったエイブラハムのシュートはアドリアンにセーブされ5-4でリヴァプールが勝利した。

試合後エイブラハムはがっかりした様子であったが、ドレッシングルームではチームメイトから慰めを受けたという。また彼は正しい方法でチームメイトに還元したいとコメント。

「自分はPKの時自分自身を信じている」とコメントしたエイブラハム。「昨シーズンは(アストンヴィラで)重要なPKをいくつか決めてきた。今回は外してしまった。ここから自分がどう巻き返すかが大切になってくる。みんなが自分の周りに腕を回して、しっかり学ぶんだと言ってくれた」

「チームメイトはまるで何事もなかったかのようにしてくれた。ドレッシングルームではそこまで気を使うことはなかったよ。でも今はプレミアリーグ、レスター戦に集中している。監督が求めるプレーを見ることができるはずだ。日曜日に向けてこれまでやれることはやってきた。勝ち点3を獲得したい」

ブルーズはイスタンブールでヨーロッパ王者と対等に渡り合った。フランク・ランパードは試合後に勝利に値したとこメント。エイブラハムもポジティブな側面と感じており、ここ数週間で良い傾向があるとした。

「前半、後半の最初をベンチに座って試合を見守っていたけれど、選手たちのいいところがたくさん見れたよ」と続けたエイブラハム。「いくつかチャンスを作ったし、ユナイテッドとの試合とは違うということが観れた。最後まで続けていきたいね」

すぐさま週末には次の試合が行われる。マンチェスターからトルコへと移動し、次なる戦いの舞台はホームの西ロンドン、レスターを迎え撃つ。スタンフォードブリッジはランパードというレジェンドの帰還を受け入れるはずだ。エイブラハムはチームがいい雰囲気でできているとコメント。

「今回のようなチャンスを得た時、まだしっかりと結果にできていない。チームに全てを捧げないといけない」と自身のこれからについて話したエイブラハム。

「今はポジティブになることができている。ファンは後ろにいてくれる。2試合いいパフォーマンスができたからレスター戦もいいパフォーマンスを披露したいね」

チェルシーからその他