ニュース

フランク・ランパードが新たな挑戦、旧友について話す

フランク・ランパードがチェルシーのようなビッグクラブで指揮をとることについて、レスター・シティをスタンフォードブリッジに迎え入れるにあたり、レスターの監督についても話した。

引退してからダービー・カウンティで監督を務めたランパード。チェルシーのようなビッグクラブではフットボール以外の面でも責任が伴うだろう。

「このクラブが偉大ということを示す一つの例はメディアの数だね」とコメントしたランパード。「ダービーで監督を務めていた時はそれほどメディアの数は多くなかった。これがビッグクラブを感じさせる一例だ。でも自分はこれを予想していたよ」

「このクラブでは長い間選手としてプレーした。それでも監督になるとまた違ったやらなきゃいけないことが見えてくる、でもそれは楽しいことなんだ。スーパー杯のリヴァプール戦なんかの準備は本当に楽しかった。いい監督と選手が揃ったチームと戦うのは難しいけれど困難でもある。試合で爪痕を残せるようにベストな方法を探すよ」

しかしチェルシーではさらなる要求があるということをランパードは知っているようだ。しかしランパードだけでは出来ないことを補うのがスタッフ達だ。それがありランパードが成功に向けてチームを構築できる。

「たくさんの助けがある」と加えたランパード。「本当にいい人に囲まれている。それでも自分はあらゆることをするのが好きだし、細かい仕事も好きなんだ。だから自身でもっと改善できる」

「コーチ達はいい人が多い。そのコーチ陣も自分と同じようにこのクラブで長年やってきたんだ。常にこの挑戦には困難が立ち向かってくる。どの監督も言うんだ。特にこのチェルシーのようなクラブではね。だから自分は第一にチームのことを考えるのが重要なんだ。細かい部分も大切だし、改善も必要だ」

ランパードが監督として細かい部分を重要視しているのは、レスターの監督ブレンダン・ロジャーズの影響を受けたからだろう。ロジャーズはチェルシーのアカデミーでも監督を務め、ランパードもその指導を目にしていたはずだ。

「ブレンダンとはたくさん連絡を取っていたんだ。チェルシーが行っているアカデミーとトップチームをつなぐ役目を果たしてくれていた。クラブにとって重要なものだったよ」

「その中でも傑出していたのは細かい部分へのこだわりだね。コミュニケーションをとることを好んでいたし、どんどん質問していた。そして彼自身も学んで痛んだ。彼のトレーニングは細かいところまでオーガナイズされていた。だからこそ魅力的に感じたんだ」

「それ以降、彼はレディングやワトフォードに行った。自分の父親をコンサルタントにして、ともに仕事をやっていたね。父親が家の外に出るんだ!って嬉しかったよ。それから彼とはいい関係を築いている。数年前に偶然会ったんだけど軽い会話もした。今でもたまに話をするよ。彼にはリスペクトを持っているんだ」

チェルシーからその他