ローン

あっちこっちチェルシー - ギャラガーがまたもやゴール

コナー・ギャラガーがまたもやゴール。ローン選手の活躍を振り返っていこう。

ギャラガーがチャールトンで順調なスタートを切っている。チャンピオンシップ2試合で2ゴール。ジョナサン・ウィリアムズのクロスを合わせ同点ゴールを決めた。

昨シーズンチェルシーのアカデミー最優秀選手賞を獲得したギャラガー所属のチャールトンだったが、リードを許し迎ええたアディショナルタイムに同点ゴールを獲得。バンボ・ディアビがライル・テイラーに倒されPKを獲得した。

イジー・ブラウンはルートン・タウンでデビューを飾り、カラバオ杯でイプスウィッチ相手に3-1の勝利に貢献した。しかし土曜日に行われたチャンピオンシップでは惜しくも敗れている。新加入のグレイディ・ディアンガナに3分間で2点を奪われ逆転で敗北。

ハダーズフィールドのトレヴォ・チャロバーにとっては厳しい試合となった。チャロバーがデビューを飾ったものの、カラバオ杯でリンカーン・シティに1-0で敗戦。また金曜日のチャンピオンシップ、フルハム戦では2-1で惜敗。チャロバーは途中出場。また監督のジャン・ジーヴェルトが解任となった。

デュジョン・スターリングもカラバオ杯でデビュー。ウィガン・アスレティックはストーク・シティに1-0で敗北。

マット・ミアズガはレディングで先発出場。カーディフに3-0と快勝した。ミアズガはまでイスキー・スタジアムで見事にクリーンシート達成に貢献した。元チェルシーアカデミーのジョン・スウィフトもゴールを奪った。

ジョシュ・グラントはプリマス・アーガイルで初先発初出場を果たし、フル出場。カラバオ杯でレイトン・オリエントを2-0で下し、今季3連勝を記録した。

ルーク・マコーミックは4-0で敗れたカラバオ杯のロザラム・ユナイテッド戦と、0-0の引き分けに終わったロッチデール戦でそれぞれスタメン出場。ロザラム・ユナイテッド戦では初のフル出場を達成した。

フォルトゥナ・デュッセルドルフのルイス・ベイカーは3-1と勝利したブレーメン戦で見事なパフォーマンスを披露。ヴェーザーシュタディオンで勝利したのは1977年以来となる。

チャーリー・ムソンダがベンチから途中出場を果たし、PECズヴォレに3-0で勝利。シーズン無敗を継続させた。オランダの2部ではアイク・ウグボもまた途中出場を果たしたが、4-0で敗戦している。

ブラジルではネイサンが後半から出場。しかしチームは敗れた。

チェルシーからその他