ニュース

マウントがホームデビュー戦で初ゴールを決めた選手の一員に

スタンフォードブリッジデビューでネットを揺らしたメイソン・マウント。イングランド出身選手がチェルシーのファーストチームにおいてホーム初戦でデビューゴールを決めたのは22年ぶりのことだ。

1997年1月28日、プレミアリーグのダービー戦でブルーズデビューを果たしたポウル・ヒューズはこの試合で初ゴールを記録。20歳のマウントはまだ生まれていなかった頃だ。

この試合ではキャプテンのデニス・ワイズに代わって後半からピッチに立ったアカデミー出身のヒューズ。相手ゴール前でのワンツーパスから最後は豪快にネットを揺らし、3-1での勝利に貢献した。

ヒューズのゴール以降、ブルーズでのホームデビュー戦でネットを揺らした選手は以下の通り:ジョージ・ウェア(トッテナム戦、2000年1月)、ジミー・フロイド・ハッセルバインク、マリオ・スタニッチ(ウェストハム戦、2000年8月)、アドリアン・ムトゥ(レスター、2003年8月)、フロラン・マルダ(バーミンガム戦、2007年8月)、ファン・マタ(ノリッチ戦、2011年8月)、ディエゴ・コスタ(レスター戦、2014年8月)、アルヴァロ・モラタ(バーンリー戦、2017年8月)

しかし最近の記録ではマウントが最も早くデビューゴールを決めている。レスター戦でマウントが先制点を決めたのは開始からわずか6分だ。

ボウデヴィン・ゼンデンは2001年8月の開幕戦でニューカッスル相手に開始8分で得点。ロイク・レミは2014年9月、スウォンジー戦で途中出場から8分後にネットを揺らした。

現在のチームのうち、2人の選手はスタンフォードブリッジデビューゲームでネットを揺らしている。

クル・ズマは2014年9月のリーグ杯ボルトン戦で先制点を挙げ、2-1での勝利に貢献。

ダヴィデ・ザッパコスタは2017年9月のチャンピオンズリーグ、カラバフ戦で右サイドから長距離のシュートを決め、6-0での勝利に貢献した。

チェルシーからその他